マギアレコード アニメ2期 第3話 あらすじと感想「誰と戦っていたのかよくわからない展開!とりあえずいろは帰還」

この記事ではアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 2nd SEASON -覚醒前夜-』の感想や考察を紹介しています。

紹介話数内のネタバレも含まれますので、未視聴の方は各種VODサイトにてご覧ください。

第3話「持ちきれないほどあったでしょ」あらすじ

「万年桜のウワサ」の結界内でいろはを見つけたやちよと黒江。

しかし、突然いろはから現れた沈黙のドッペルに飲み込まれてしまう。

目を覚ましたやちよは、みかづき荘にて、鶴乃、フェリシア、さな、そしていろはと共に普段通り朝食を囲むが、本来そこにいるはずのない黒江の姿もあった。

やちよと黒江は、その状況に戸惑いながらも現実世界ではなく、

沈黙のドッペルが見せる「夢の世界」ではないかと考え、現実世界のいろはの身を案じ、

やちよはいろはを目覚めさせるため夢の中のいろはに訴えかける。

出典:TVアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか マギカ外伝 2nd SEASON ―覚醒前夜―』 STORY より

やちよが言った妹と言う言葉に反応し、みかづき荘にいたのにいつの間にかやちよと黒江は電車の中にいた。それから病院へと移動し灯花とねむに会う。灯火とねむがこれまで解決してきたウワサの歌を歌っていたことからやちよがどうして2人がウワサのことを知っているのか黒江に問うと、黒江がねむたちがウワサを作ったことを明かす。やちよは病室での記憶とウワサの関係性を考える。やちよがういがいないことを指摘するといろはは人形を取り出してういのように扱うのだった。それからやちよはいろはの夢の中にいるのではないかと仮説を立て、魔法少女の姿に変身し、試しに部屋の中を壊す。すると壊れた部分は瞬く間に修復された。やちよはいろはのソウルジェムが想像以上に濁り危険な状態にあると考え、ベットの上にあった窓から別の空間へと移動しいろはを助けるために動く。黒江はマギウスと組む気はないとやちよに言われ、置いていかれてしまった。この空間が魔女の結界の中のようだと発言するといろはが現れ、病室からビルの屋上に場所が変り、仲間たちと魔女を討伐する。いろはのことをよく知らない黒江は自分の前にいるいろはが本物なのかどうか区別がつかなかった。やちよは夜の丘を駆け抜けながらどうすればいろはが目覚めるのか考えていた。奥へ進むと夢に登場する仲間たちの輪郭が曖昧になっていった。夢の最果てへと辿りついたやちよはそこで再びういの人形をみつける。いろはのドッペルなのかと人形に問いかけたやちよだったが人形から返事はなく手詰まりとなってしまった。黒江は平和ないろはの日常を過ごしていた。眠る前にいろはにういがどうして人形なのかと問うといろはの様子が変った。やちよもまた最果てでいろはにういだけがいないことを問う。いろはは人形を取り出すがやちよが人形を取り上げ槍で突き刺すと景色が一変した。黒江とやちよがそれぞれトリガーを引きウワサが姿を現した。うわさの底で深い眠りに落ちたいろはは不安を抱き悪夢を見はじめソウルジェムが濁り始めてしまったという。その不安を拭うためウワサが新しく環境を用意したようだ。しかし異分子であるやちよや黒江の干渉によってそれが邪魔されてしまった。姿を現したウワサを前にやちよと黒江が合流し共に戦った。激しい戦闘の途中でドッペルからいろはが放り出された。そしてやちよの止めの一撃によってウワサから脱出し、やちよはいろはと再会を果たすのだった。一方見滝原でまどかはマミへ携帯で心配だから連絡が欲しいとメッセージを送っていた。マミから何があっても私がみんなを助けてみせるからと返信があった。それを見てまどかは覚悟を決めるのだった。

感想「誰と戦っていたのかよくわからない展開!とりあえずいろは帰還」

3話のファンには好評だったみたい

3話はやはり世界観もあってマギレコのストーリーをよく知っていないと結局何だったのかよくわからない展開でした。

一応ゲームファンからは好評なようで、盛り上がっているとされています。

そんなに原作のストーリーを詳しくないと「結局万年桜のウワサはどうなったの?」とか「何と戦っていろはが戻ってきたの?」とよくわからないです。

いろはのドッペルと戦ったように見えて途中でいろはがドッペルから投げ出されていたので、いろはとは別の何か、例えば万年桜のウワサと戦っていたのかなと考えています。

とりあえずいろは戻って来て良かったねと思いたいところですが、やちよの「マギウスを潰す」という動機が薄れてしまうのではと思ってしまいました。

フェリシアたちがマギウスに参加していたシーンもあったのでみかづき荘の仲間たちを取り戻すためにマギウスとの戦いになるという展開になるのかもしれないですね。

※追記:あらすじをまとめて再視聴したら何と戦っていたのかわかりました。1度の視聴ではわかりづらいのかもしれません。

結局万年桜のウワサとは

ネタバレになるのでお気をつけください

万年桜のウワサとはいろはが生み出したウワサです。

いろは・うい・灯花・ねむの4人が揃って万年桜の元へいけば桜が咲くというもので、ういの真実にも繋がっています。

またゲーム内ではウワサがプレイヤブルキャラクターとして実装されており、万年桜のウワサはキャラクター化し、水着キャラまで追加されています。

3話で描かれたストーリーは万年桜のウワサの伏線として考えることができ、後の展開で再登場し秘密が明かされるのではと考えています。

2期はまどかチームの出番が増えそう

Cパートでまどかの様子が描かれたことや1話がまどかたちの物語だったこともあったため2期はまどかたちの出番が多くなるのではと予想しています。

また黒江はまだどのようなキャラクターなのか、立ち位置がどういうものなのか掴めておらず、物語を引っ掻き回してくれると期待しています。

 

第3話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました