マギアレコード アニメ2期 第6話 あらすじと感想「いろはとやちよ合流を果たす!原作オリジナルキャラ多数登場!?」

この記事ではアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 2nd SEASON -覚醒前夜-』の感想や考察を紹介しています。

紹介話数内のネタバレも含まれますので、未視聴の方は各種VODサイトにてご覧ください。

第6話「私にしかできないことです」あらすじ

いろはを先に行かせた黒江は、マギウスと戦いながらドッペルの声を聞く。「私のこと、忘れちゃった?」。ささやく声に戦慄する黒江。

一方、先行するいろはには、ういの声が聞こえていた。マギウスの作戦に混乱するフェリシアとさな。すべてをあきらめた様子のみふゆに、さなは疑問をぶつけて自分の意志を伝える。

作戦の決行によってたくさんの魔女が集まって来る神浜市街で、いろはを追っているやちよ。そこでやちよは、見滝原市の魔法少女と遭遇するのだった。

出典:TVアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか マギカ外伝 2nd SEASON ―覚醒前夜―』 公式サイト より

やちよはまどかたちに神浜でマギウスが行っていることを教えた。そこへいろはから電話があった。マギウスの遊園地にいるといういろはは更に魔女がどんどん集まってきている状況でピンチだと伝えた。やちよがすぐに向かうと答える前にスマホの電池が切れてしまう。まどかたちもマミがマギウスに居たことからやちよと共に行くと言う。状況はマギウスの計画通りに進行していた。みふゆが計画を中止するように灯花とねむに言うが、灯花に計画を止める意志はなかった。みふゆは鶴乃だけでも連れ出そうとするが、鶴乃がウワサ化してしまい、みふゆはおもわぬ迎撃を受け、さらにねむによって地下へ落とされてしまう。大きなダメージを負い倒れてしまったみふゆの元にアリナがやってきてグリーフシードを渡される。彼女は計画にはあまり興味がないようで、クライマックスがきたら教えてくれと言って去って行ってしまうのだった。遊園地外で状況を伺っていた杏子はマギウスに追われるいろはを発見する。それから2人は場所を移し、いろはがねむと灯花と会うために行動していることを話す。いろはは杏子から白羽根の衣装を渡され、動きやすくなった。やちよは車を用意しまどかたちを乗せ、キュレーションランドへと向かう。車内でほむらからワルプルギスの夜も現れるかもしれないと仮説を聞く。キュレーションランドの近くまで到達し、荷台でまどかとさやかが魔女を迎撃しながらやちよたちは前へと進む。遊園地が見えてきたところまできて、やちよはいろはに連絡を取ると、いろはが中から門を開けるという。いろはは門を開けるように白羽根として門番に命じたが、別のマギウスの翼に邪魔されてしまう。交戦状態となりかけたがそこへ杏子が助っ人に現れた。杏子とコネクトしいろはは門を強引に破り開けた。そのまま杏子と共に車の荷台に飛び乗り、いろははやちよたちと合流を果たすのだった。ホテルフェントホープに乗り込もうとするいろはたちの前にマギウスの思想に染まったマミとウワサ化した鶴乃が立ちはだかるのだった。

感想「いろはとやちよ合流を果たす!原作オリジナルキャラ多数登場!?」

魔法少女大集合

6話はマギレコオリジナルの魔法少女たちが多く登場しサービス回のような印象を受けました。

状況としてはあまり進展しておらず、いろはがやちよたちと合流できただけといったところでしょうか。

シャフト独特の演出のちょこちょこ文字が挟まるというものもより見づらさが増している原因でもあります。

ただそれを全部含めてまどマギの良さでもあるのですが…。

マミさんも再登場し、どこか教祖めいた雰囲気もありましたが、次回あたりでマミさんとの戦いになるのでしょうか?

Cパートではねむと鶴乃のやりとりが描かれました。

敢えてモザイクをかけたりと不思議な雰囲気が良かったですよね。

鶴乃がウワサ化した経緯はいつ語られるのか気になりますね。

状況を整理すると

キュレーションランドに魔女が集まり、神浜の魔法少女やまどかたちまで1か所に集まっているため6話の状況を整理してみようと思います。

いろは

灯花とねむに会うため単独行動に出るが、ホテルフェントホープの外に出て小さいキュウべぇを見失い遊園地で右往左往しているところで杏子に出会う。

事情を説明すると杏子が白羽根の衣装を貸してくれてたおかげでいろはは多少動きやすくなり、やちよと合流するために入口の門を黒羽根に命令して開けようとするが、別のマギウスの翼に正体がバレて交戦状態へ。

杏子の力を借りてコネクトで門を壊しやちよたちと無事合流を果たす。

やちよ

いろはの元へ向かう途中でまどかたちに助けられ、共に行動することになる。

いろはから連絡を受けてキュレーションランドの状況を知る。

またまどかたちからワルプルギスの夜も引き寄せられるかもしれないという得る。

車にてキュレーションランドへ突っ込み、いろはが門を開けたため彼女たちと合流。

みふゆ

さなやフェリシアに励まされ、鶴乃を連れてみかづき荘に帰ると決意する。

灯花とねむに計画を止めるよう直談判するがとりあってもらえず、鶴乃を連れ出そうとするが彼女はウワサ化していた。

ねむによって地下へと落とされてしまう。

満身創痍の状態のところへアリナがやってきてグリーフシードをもらい再起する。

黒江の過去に何かある?

5話でドッペルを発動し盛り上がっていた黒江ですが、6話ではドッペルの力でマギウスの翼たちを倒せたものの、ドッペルの自分から精神攻撃を受け満身創痍となってしまいました。

「あの子のことは助けるの?」「私のこと忘れちゃった?」というセリフや白いフード姿から過去に助けられなかった魔法少女仲間がいたのかもしれないですね。

黒江はアニメオリジナルキャラなので、彼女はイレギュラーとして期待していますが、黒江の過去回想もどこかで語られることになるのでしょうか。

 

第6話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました