ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第11話 あらすじと感想「遂にベルとアイズが戦いに!Cパートでヘルメスがどんでん返し」

第11話「決戦―ウルトラソウル―」あらすじ

https://twitter.com/danmachi_anime/status/1337350998898184193?s=20

【ロキ・ファミリア】の包囲網をかい潜り、異端児たちをダンジョンへ返すという作戦が続く中、ガレスの参戦により、ウィーネがフェルズたちの一団からはぐれ、ティオナに追われる事態に陥ってしまう……ヴェルフと命も魔剣を駆使してガレスに対抗するものの……その実力差は歴然としていた――――

一方で、なんとかアイズの追跡を免れたベルは、ウィーネの身を案じ飛び出した春姫と合流し、ふたりでウィーネを捜すことに―――

出典:TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII」公式サイト より

ティオナから逃げ続けていたウィーネだったが逃走の途中で、獣人の少女と遭遇してしまう。少女の上の建物が倒壊するのを見て、ウィーネは怖がられるのを承知で、少女を庇った。ベルがロキ・ファミリアからゼノスたちを守ってくれたようにウィーネも振舞ったのだ。その様子を見ていたティオナはウィーネを追うが、ウィーネが少女を守ったことがわかりウィーネを逃がすと言い始める。ウィーネはその後ベルと春姫と合流を果たすが、匂いで追跡をしていたベートと遭遇してしまう。隠蔽効果のあるマントでやり過ごそうとするベルだったが、春姫が1人ベートを足止めをする。その間にベルはウィーネを連れ離脱する。道を塞ぐ春姫にベートが迫る。そこへアイシャが駆け付け、春姫のレベルブーストを受けてベートと戦うのだった。もう少しでベルはゼノスたちと合流できる予定だったが、そこへアイズが立ち塞がる。モンスターを斬るという考えを貫くアイズとゼノスを守ろうとするベルの主張が衝突し、ベルとアイズは遂に戦いを始める。ベルが成長したこともあり、アイズは手加減なしで打ち込む。流石のベルも本気のアイズに防戦一方となり、その場は機転を利かせたベルがファイア・ボルトを使い、離脱に成功するのだった。ウィーネと共に2人で逃走を続けるベルだったが、ベルはアイズから逃げ切ることはできないと悟っていた。そんなときかつてヘスティアと別れを告げたダイタロス通りの同じ場所に訪れ、ウィーネを先に行かせることにした。そして追いついたアイズとベルの戦いが再び始まるのだった。1人でヘスティアの指示に従いフェルズたちと合流しようとしたいたウィーネだったが、途中で足を止めてしまう。ベルと最後の別れになってしまうことを悔い、何も恩返しができてないと涙を流すウィーネに、ヘスティアは覚悟を問う。それに応じたウィーネをヘスティアはベルの元に送り出すのだった。ベルはやはりアイズにはまだまだ力が及ばなかった。互いの主張も平行線のままだったが、アイズがベルを斬ろうとしたとき、ベルの前にウィーネが立ちはだかる。アイズがウィーネにしゃべらないでと言い、モンスターの容姿が持つ爪や翼、紅石を人を怖がらせるものだと指摘する。それを聞いてウィーネは自ら爪を剥ぎ、翼をもいで、暴走したら今度は消えると宣言する。そしてベルが助けてくれたときの温かい気持ちを語る。ウィーネの言葉を聞いてアイズは戦意を喪失してしまった。アイズはベルにエリクサーを渡し、去るように言う。ベルはアイズからもらったエリクサーでウィーネを治療した後、ヘスティアの指示の元人造迷宮の入り口へと向かう。リリは春姫と合流し迷子のゼノスを回収していた。おまけにアステリオスから人造迷宮の鍵も託されていたのだった。命とヴェルフはガレスとの死闘をかいくぐり、フェルズたちにウィーネたちの無事を伝え、隠し通路に通したとのこと。地下へと続く扉へ辿り着きベルはウィーネに別れを告げる。いつか一緒に住めるような居場所を作ると約束をして。こうしてゼノスはダンジョンへと無事に帰っていくかのように思えた。しかしゼノスたちが人造迷宮を進むと行き止まりに陥っていた。作戦の根本にあった人造迷宮の地図の書かれたダイタロスの手記はヘルメスの用意した贋作だったのだ。そこへヘルメスが現れ、ゼノスたちに死んでくれと頼むのだった。

感想「遂にベルとアイズが戦いに!Cパートでヘルメスがどんでん返し」

https://twitter.com/danmachi_GA/status/1337411821481775104?s=20

憧憬一途は大丈夫?

11話では遂にベルとアイズが直接対決をする展開となりました

結果として1度は逃がしたウィーネがベルの元に戻り、アイズが指摘した爪と翼を自らもぎとって、自分の意志を表示したことで、アイズがゼノスの存在を受け入れてしまったので、戦闘は中断されました。

ここでベルの持っているスキル「憧憬一途(リアリス・フレーゼ)」が今後効果を発揮するのかと気になってしまいます

憧憬一途の効果は「相手を想う気持ちに比例して強くなる」というもので、ベルはアイズへの憧憬からこのスキルを発現し、彼女を追いかけることで驚異的な成長スピードを見せてきました。

しかし11話にて本意ではなかったとしてもベルはアイズと敵対してしまい、実際に剣を交えることになりました。

この戦闘でベルはアイズのことを想ってはいなかったと予想しています。

ウィーネやゼノスたちを守ることを考えて戦っていたはずです。

アイズもゼノスのことを知ってしまい、一概にモンスターだからと切り捨てることができなくなりました。

ベルも今後の成長に影響がなければいいのですが、謎の多いスキルですしご都合展開に期待しましょう。

個人的にはベルVSアイズはアツイと思っています。

タイトル詐欺?

ちょっとだけネタバレになるのですが、11話のタイトルが「決戦」となっていため、ベルとアステリオス戦が描かれるのだと思っていました

他のゼノスたちを逃しアステリオスは1人で地上に留まっていますし、ベルの決戦はこの展開なんじゃないかなと予想していましたが、見事に外れです。

タイトルはベルとアイズの戦いを示唆していたのかもしれませんね。

ミノタウロスとは因縁のあるベルですが、次回でどのような結末になるのか気になります。

Cパートでのヘルメスの発言もあって、ますます期待してしまいます。

 

第11話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました