ダンまち3期アニメ3話感想と無料見逃し動画配信は?ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンまちことダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3期が2020年10月2日よりスタートいたしました。

ここでは第2話の感想を書かせいていただきますが、ネタバレ感想の為、動画配信サイトなどで前作や前回を確認してからお読みいただくことをおススメいたします。

という事で、前作の動画配信や前回の見逃し配信のサイトについてまず書かせていただきました。

ダンジョンで出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)を無料視聴する方法

ダンジョンで出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)を無料視聴する方法ですが、現在Abemaは一週間遅れの金曜日に一週間視聴することが出来ます。

またABEMAはオンデマンド式の配信方式の他にテレビ型のストリーミングの2種類あります。

オンデマンド方式は有料ですが、テレビ式の放映時間が決まっている放送は無料になります。過去作品は定期的に一挙放送などが行われますのでこちらをご視聴いただく形になります。この第2話は10月16日(金)から一週間視聴することが出来ます。

ABEMAの公式サイトはこちらから

またその他の動画配信サイトでは14日~31日間無料視聴期間が設定されておりますので、そちらを利用して無料視聴していただくという方法になります。

こちらにまとめさせていただきました。

上記のお薦めサイトの中で男性にオススメなのはU-nextになります。

月額が他のサイトより高いですが、他の定額配信サイトと違い、リンクを張ることが出来ませんが、「U-next アダルト」で検索していただければわかると思いますが、アダルト作品が充実しております

こちらはアダルトむけのDMMが月額2800円(税抜)からですが、U-nextは1990円(税抜)という事で、アダルトから見るとお値打ちとなります。

また、動画配信ではアニメしか見ないという方は月額が400円(税抜)と最安値のdアニメをおススメいたします。

ではこちらからあらすじと感想を書かせていただきます。

ダンまち3期第3話「異端児―ゼノス―」あらすじ

街中で姿を晒し、騒動を巻き起こしてしまったウィーネを、なんとか救出したベルたち。

地上でモンスターを匿うという難しさに直面する中、ギルドから【ヘスティア・ファミリア】に強制任務が課される。その内容は―――ウィーネを連れ、ダンジョン20階層へ赴くこと。ギルドの真意を計りかねるものの、従う他なく、ベルたちは再びダンジョンへと潜っていく―――

出典:TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII」公式サイト より

ベルたちがダンジョンへ向かった後、ヘスティアは郊外でフェルズと会っていた。神聖文字にてミッションの書かれた紙に眷属たちが経った後に第7区画4番街路へ来られたしとメッセージが隠されていたのだった。フェルズに案内されてウラノスの元に案内されたヘスティアはそこでウラノスに神意を問う。ウラノスは保護という名目でゼノスたちを支援していた。ミッションの目的はウィーネを仲間の元へと送り届けることだった。ウラノスはヘスティアと眷属を人類とモンスターの共存の架け橋として希望と呼ぶのだった。
一方ベルたちはウィーネを守りながらということもあり、苦戦しながらもダンジョン20階層へ向かっていた。モンスターたちは何故かウィーネばかりを狙う。18階層で小休止を挟んでから温存していた魔剣、ミコトの索敵、春姫のレベルブーストと持てる手段を尽くして目的地へと急ぐ。ミコトの索敵があっても奇襲を受けた場合ウィーネを守りきれないと危惧するミコトに、それでもベルはウィーネを僕が絶対に守るというのだった。20階層の目的地についた一行だったが、そこには何もなかった。しかし歌が微かに聞こえ始め、ベルたちは何者かに呼ばれていた。岩を壊した先に隠し通路があり、ベルたちはその先へと向かう。地図に載っていない未開拓領域で、ベルは誰かに見られていると直感に従い警告する。そこには武装した数多のモンスターたちがベルたちを待ち伏せていた。叫ぶ声を上げ襲いかかるモンスターたちから、ベルたちは全員でウィーネを庇い応戦する。モンスターたちの力は基準よりもずっと強く、劣勢に陥りながらも必死にウィーネを守るベルたち。ベルが渾身の一撃をリザードマンに放つと、そこでモンスターは急に笑い始め、攻撃を止めるのだった。リザードマンはそこで急にベルたちへ話かけてきた。モンスターたちはベルたちを試していたのだ。リザードマンのリドはそのことを謝り、モンスターたちはベルたちを歓迎するのだった。馴れ馴れしいリドの態度とモンスターという見た目に戸惑いつつもベルたちはモンスターと握手を交わすのだった。モンスターたちはウィーネに名前を聞き、彼女を受け入れる。そして自分達のことをゼノスと名乗るのだった。
騒動を聞き、情報を集めていたイケロス・ファミリアもヘスティア・ファミリアを見張るように行動を開始する。また動き始めたイケロス・ファミリアをヘルメス・ファミリアも追い始め、いくつもの神の意図が絡み合い始めるのだった。

感想「迷宮到達階層更新!ゼノスの仲間が増えた」

ミッション

ウィーネが街で見つかってしまった一件があったため、街ではモンスターが出たと大騒ぎになり、ギルドはモンスターの捜索と住民からの苦情の対応で大忙しです。

といっても神ウラノスとフェルズはゼノスの融和派なのと、ヘスティア・ファミリア内でウィーネを匿っているため事態は収束しません。

そんな中下されたのがヘスティア・ファミリアへのミッションの発動でした。

ダンまちファンならばわかると思いますが、補足しておくとミッションというのはギルドからの一定の力を持ったファミリアへの強制命令です。

例えば17階層のゴライアスがリポップしたから倒せとかそういう非常事態に対応させることのようです。

報酬はありませんが、オラリオでギルドの恩恵を受けているのでミッションは絶対ですね。

普通ならばミッションはもっと大規模なファミリアに出されるもののようですが、今回はヘスティア・ファミリアに下されました。

内容はウィーネを連れてダンジョン20階層へ向かえというもの

ベルたちにとっては20階層へ到達するというのもかなり高難易度なのですが、やっぱりベルの成長速度と春姫の能力のおかげで通用するようですね。

ダンまちってダンジョン探索がおもしろく、そこにロマンがあったりするのですが、今回の物語ではダンジョン探索は通過点に過ぎないため物足りなさがありますよね。

フェルズの正体は…

3話でヘスティアはフェルズに案内され、神ウラノスと会うことになりました。

そこでウラノスからゼノスとの共生の話を聞かされることとなり、ヘスティア・ファミリアも協力することになりそうですね。

フェルズの正体も明かされるかと思いきや、知っているのはヘスティアだけとなるようです

ただしフェルズもいつまでも傍観者ではいられず、ベルたちに助力することになりそうですので近いうちに正体がわかりそうですね。

ウラノスと対等という関係から、ダンジョンの深淵を除き、冒険を辞めた元冒険者という感じなのかなと予想しています。

ゼノス

20階層で待ち受けていたのは武装した数々のモンスターたちでした。

最初はベルたちを試すため、戦いを繰り広げましたがネタバラシも終わり、彼らは自らをゼノスと名乗りました

ウィーネとハーピィーのレイは人型モンスターということもありますが、普通のモンスターと違って人に近い見た目をしているんですよね。

ただしリドなんかはリザードマンそのままで、普通のリザードマンと見た目の違いはない様子です。

ゼノスたちと打ち解けてしまうほど今後のベルたちの冒険の障害になりそうですね。

まさかのダンメモでリドが実装

CMにてアニメを観たらダンメモをやろうというものが放送されていますが、ダンまちのソシャゲ『メモリ・アフレーゼ』にてリドが実装されました

連動イベントがあるので、少し触っているのですがモンスターがガチャの目玉になるとは驚きです。

ソシャゲ内でも毎週アニメのストーリーが更新されているので、100%楽しむのならばダンメモも触れておくべきかもしれません。

 

第3話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました