ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第4話 あらすじと感想「ウィーネとの別れ!新入りってもしかして黒いミノタウロス?」

ダンまちことダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3期が2020年10月2日よりスタートいたしました。

ここでは第2話の感想を書かせいていただきますが、ネタバレ感想の為、動画配信サイトなどで前作や前回を確認してからお読みいただくことをおススメいたします。

という事で、前作の動画配信や前回の見逃し配信のサイトについてまず書かせていただきました。

ダンジョンで出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)を無料視聴する方法

https://twitter.com/Anime_ABEMA/status/1319662367593168896?s=20

ダンジョンで出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)を無料視聴する方法ですが、現在Abemaは一週間遅れの金曜日に一週間視聴することが出来ます。

またABEMAはオンデマンド式の配信方式の他にテレビ型のストリーミングの2種類あります。

オンデマンド方式は有料ですが、テレビ式の放映時間が決まっている放送は無料になります。過去作品は定期的に一挙放送などが行われますのでこちらをご視聴いただく形になります。この第2話は10月16日(金)から一週間視聴することが出来ます。

ABEMAの公式サイトはこちらから

またその他の動画配信サイトでは14日~31日間無料視聴期間が設定されておりますので、そちらを利用して無料視聴していただくという方法になります。

こちらにまとめさせていただきました。

上記のお薦めサイトの中で男性にオススメなのはU-nextになります。

月額が他のサイトより高いですが、他の定額配信サイトと違い、リンクを張ることが出来ませんが、「U-next アダルト」で検索していただければわかると思いますが、アダルト作品が充実しております

こちらはアダルトむけのDMMが月額2800円(税抜)からですが、U-nextは1990円(税抜)という事で、アダルトから見るとお値打ちとなります。

また、動画配信ではアニメしか見ないという方は月額が400円(税抜)と最安値のdアニメをおススメいたします。

ではこちらからあらすじと感想を書かせていただきます。

第4話「遠い夢―アコガレ―」あらすじ

言葉を解するモンスター―異端児―からの手厚い歓待を受けるベルたち。人類とは著しく乖離した姿形をした彼らが、人類と同じように飲み、食い、騒ぐ……その異様な光景に戸惑いを隠せない。

そんな宴のさなか、ベルたちは異端児のリーダー挌である蜥蜴人のリドから聞くことになる―――彼らとギルドの繋がり、今回の事態の経緯……そして、彼らの目的を―――

出典:TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII」公式サイト より

リドからの話では全てウラノスとフェルズによって手引きされたものだった。ウラノスは人とモンスターの共存を考えていた。ゼノスたちは対話を求め、同族にも標的とされるため、ウラノスから見れば愛する子供たちと同様の存在だった。既に都市にモンスターの存在価値を認めさせるための動きはモンスター・フィリアという形で実現していた。計画はずっと昔から進められていたのだ。ウラノスの考えを知り、ウラノスに利用されたベルたちは下手をすれば居場所を失ってしまうと危惧する。それにウラノスも重々しく返事をするだけだった。ヘルメス・ファミリアはモンスターの密輸を行うイケロス・ファミリアを追っていたが今回は尾行に失敗してしまっていた。アスフィからの報告を聞き、ヘルメスは近々イケロス・ファミリアが動き出すと告げる。ヘルメスたちの行動は失敗したが、ベルたちにとって良い方向に働き、アスフィを巻くために動いたディックスたちにゼノスの隠れ里の場所を知られることにはならなかった。しかしディックスは戦力差を鑑み、今回の狩りの続行を命じる。ゼノスたちの目的は地上への進出だった。前世の記憶のように生まれたときから胸の内にある憧憬が彼らの共通点だった。ゼノスたちとの短い宴も終わり、ウィーネは彼らに引き渡された。泣き喚くウィーネにリドはベルたちを困らせてしまうと説得する。ベルたちは地上に帰り、ウィーネはゼノスたちと共にダンジョン内を旅をすることになった。移動の最中にウィーネは同胞の悲鳴を聞く。それを聞いた仲間たちは同胞の救出へと向かうがそこで待ち受けていたのはイケロス・ファミリアの冒険者たちだった。ウィーネたちはディックスたちの張った罠にかかってしまったのだった。

感想「ウィーネとの別れ!新入りってもしかして黒いミノタウロス?」

フェルズの正体は元賢者

4話ではリドからの説明があり、ベルたちもゼノスがギルド公認の集団であることを知りました。

ギルドとゼノスたちの仲介をしていたのは、フェルズです

これまで黒いローブを纏っており、神ウラノスとも対等のような立ち振る舞いをしていたので謎の多かった人物ですが、フェルズも元賢者の慣れの果てで、今は愚者として世界を観測しているということも明らかになりました。

黒幕のような雰囲気を纏っていましたが、正体があっけなく明かされて少し拍子抜けですね。

逆に大事なのはフェルズの正体ではないということなのかなとも考えています。

ディックスはかなり強い

4話でアスフィの報告からイケロス・ファミリアの団長であるディックスが10年前の時点でLv.4の実力者だとわかりました。

実は公式サイトのキャラクター紹介ではディックスのレベルが5であると明かされています

現状ではベルがLv.3、アイズはLv.6、リューがLv.4なので、実はディックスって相当強いんですよね。

ちなみに禿頭のグランもレベルは4だったりします。

イケロス・ファミリアって小者臭がすごいんですが、ディックスは実は要注意人物だったりします。

今後バトル展開になると思いますが、ベルたちはどうやってディックスに対抗するのか気になりますね。

春姫のレベルブーストが妥当だと思いますが……。

実はガネーシャは真面目

ゼノスのことをガネーシャも知っていることが明らかになりました

ヘスティアも一番驚いたと言っていましたが、残念な神扱いのガネーシャの意外な一面といったところでしょうか。

ガネーシャは「俺がガネーシャだ!!!」として言わないイメージですが、オラリオの都市防衛をしたり、ウラノスからの依頼でモンスターフィリアを開催したりとかなり真面目に地上で仕事をしているんですよね。

ガネーシャ・ファミリア自体かなりの大規模なファミリアですし…。

それでも意志あるモンスターというシリアスな場面にガネーシャが関わってくるとは驚きですよね。

新入りって黒いミノタウロス?

フェルズと合流後、リドが「そして一番強いのもオレっちだ!と言いたいところだけど、最近仲間になった新入りにあっという間に抜かされちまって」と語っていまいたが、会話の節々を聞いていると新入りってミノタウロスなのでは?と推測できるところがところどころあります。

4話では新入りであることと、強さを求めて深層に武者修行に行っていることしかわかっていません。

しかし最近地上でベルと強い意志で戦い迷宮に逃げた普通とは違う黒いミノタウロスがいましたよね。

変異種であることや強さと時期なんかを考えるとミノタウロス説が濃厚な気がしてしまいます。

ゼノスの目的

ゼノスの目的は地上への進出です

ゼノスは前世の記憶のようなものを皆持っているようです。

ウラノスによるとモンスターの魂はダンジョンに帰り転生するようなことを言っていましたが、リドやウィーネの記憶なんかを考えるとダンジョンで死んでしまった人という可能性もあるのかなと考えてしまいます。

ゼノスの存在って大きな伏線という感じが強いですよね。

イケロス・ファミリアの躍動

ウィーネをゼノスたちに引き渡し、ベルたちは無事にミッションを終えることができました。

リドからもモンスター相手に躊躇するなという警告を受けており、今後の冒険において支障はでるかと思いますが、ケアはできています。

めでたしめでたしで終わればよかったのですが、イケロス・ファミリアがゼノスたちに向けて罠をはっており、ウィーネたちはそれに引っ掛かり、捉えられてしまう展開となってしまいました。

イケロス・ファミリアがモンスターの密輸を行っていたので、地上に運び出されてしまう展開になるのかなと予想しています

 

第4話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました