因果春日谷(インカ カスガタニ)の経歴や声優は誰?アドラバーストの柱?炎炎の消防隊

今回テレビアニメ炎炎の消防隊弐ノ章では原作部分では徐々に世界の真相が明らかになっていく部分からストーリーが始まっていきます。

という事で、今回は炎炎の消防隊弐ノ章から登場する因果春日谷(インカ カスガタニ)について書かせていただきます。

炎炎の消防隊の因果春日谷(インカ カスガタニ)のプロフィールや経歴

  • 誕生日:11月9日
  • 年齢:16歳

因果春日谷(インカ カスガタニ)は炎炎の消防隊の弐ノ章から登場する新キャラクターになります。

熱エネルギーの流れを見ることが出来それにより発火や火災や爆発を予測して、未来を知ることが出来る第参世代能力者となります。

予測は炎の燃え広がる流れを線として視認できます。

退屈を極端に嫌悪して常にスリルを求めていたため、元々はこの能力を使い不良仲間とともに火災現場をあらかじめ予測して、火災現場に先回りして現れて、被災者を助けて、その見返りとして、金品を強奪するという、人助けというよりは火事場泥棒的な事をしておりました。

そんなある日、その能力がアドラバーストであると伝道者に目を付けられて、火事場泥棒の際に仲間を殺されて攫われそうになります。

そんな中でシンラたちが駆けつけて伝道者と因果春日谷(インカ カスガタニ)争奪戦の様な状態になります。

因果春日谷(インカ カスガタニ)は一度はシンラの手を取ろうとしますが、退屈な日常よりもスリルを求め、伝道者の仲間になる決断をします。

そして、引き留めようとした舎弟を燃やし、過去と決別をし、アドラバーストとなりました。

スポンサーリンク

アドラバースト5柱目のインカカスガタニの能力

インカカスガタニの能力はもともとは「炎の匂いをかぎ分ける」というものでこの能力で火事をあらかじめ予測する予知能力の様なものでした。

消防隊の伝道者との争いの中で発火能力にも目覚めたため、炎を操ることもできるようになります。

因果春日谷(インカ カスガタニ)の声優はだれ?

今回初めて登場するという事で、担当される声優さんを書かせていただきます。

島袋美由利(しまぶくろみゆり)さんの経歴

  • 名前:島袋美由利(しまぶくろみゆり)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1994年12月6日
  • 年齢:25歳
  • 出身地:沖縄県
  • 事務所:大沢事務所

島袋美由利(しまぶくろみゆり)さんは2017年にキラキラ☆プリキュアアラモードの演劇部員B役でデビューいたしました。

その後「はねバド!」の「荒垣なぎさ」役や「ゆらぎ荘の幽奈さん」で一躍知られるようになりました。

その後2019年の「キャロル&チューズデイ」のキャロル役や2020年のハクション大魔王2020の与田山カン太郎役などで活躍されております。そして、2020年には第14回声優アワード新人女優賞を受賞致しました。

はねバドの荒垣なぎさについて

島袋美由利(しまぶくろみゆり)さんが知ららることとなったはねバドの荒垣なぎさですがどういった役だったでしょうか?

荒垣なぎさは主人公の羽咲綾乃に次ぐ2番手のキャラになります。

幼いころ綾乃に負けたことがトラウマとなっており、厳しい練習と周りに強くあたる性格で周りからは良く思われておりません。また性格的にはボーイッシュでイケメンな性格です。

因果春日谷(インカ カスガタニ)もそうですが、こういったボーイッシュな女子が似合う声ですね。

最後に

という事で、今回は炎炎の消防隊弐ノ章に登場する因果春日谷(インカ カスガタニ)のプロフィールやアドラバーストとしての能力と担当声優の島袋美由利(しまぶくろみゆり)さんについて調べてみました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました