炎炎ノ消防隊アニメ第2話の感想や考察「新キャラアーサー登場!ジョーカーが人体発火現象の秘密を知っている?」

炎炎の消防隊のアニメ1期の2話の感想や漫画との比較や考察について書かせていただきます。
未視聴の方は下記サイトなどでご視聴後をおススメいたします。

第2話「第弐話 消防官の心」あらすじ

第8特殊消防隊の新人隊員はシンラだけではなかった。新たに配属されて来た新人は、なんとシンラの訓練校からのライバル、自称・騎士王のアーサーだった。シンラとアーサーはケンカばかりしながらも、オウビ、ヒナワ、マキから消防官としての知識・強さを学んでいく。 しかし、そんな中、舞い込んだ緊急出動の現場で”焰ビト”の鎮魂という特殊消防隊の使命に必要なものは、知識や強さだけではないことを二人は知ることになる――。

出典:TVアニメ『炎炎ノ消防隊』 STORY より

感想「新キャラアーサー登場!ジョーカーが人体発火現象の秘密を知っている?」

第1話に引き続き、TV放送後に原作漫画の該当部分を読み、感想や疑問点・考察と同時に原作漫画との比較もやっていきます。

新登場人物と伏線

第2話は新キャラ『アーサー・ボイル』の登場や今後の展開を匂わせる『消防官新人大会』の話、そして火災現場で暗躍する『ジョーカー』なる謎の人物まで登場しました。

アーサーは森羅・日下部にとっての良きライバル的存在ですね。

消防官新人大会は早くに解決する伏線で、ジョーカーのほうは物語の大局を担っている存在なのかなーと考えています。

それにしても津田健次郎さんは今期大忙しですね。

茉希 尾瀬のメラメラとプスプスなどのゆるいパートや秋樽 桜備の変な筋トレ、武久 火縄の変な帽子などギャグっぽいところもありましたが、そこにはシンラは触れなかったことで後半パートでの特殊消防隊としての深刻さが印象的になったと思いました。

原作漫画のほうでは桜備の筋トレを見たシンラが「なんの筋トレだ……?」というモノローグやシンラの過去にあった火災で第1特殊消防隊の消防官が関わっているという事も描かれていますが、アニメではそこについては「あの火事の事も知っている隊員もいるかもしれないな」と遠回しな表現がされていました。

プスプスにシスターが触れようとするシーン

原作漫画では興味本位でシスター・アイリスがマキが操るプスプスに触れようとしていますが、アニメでは特殊な演出がなされていました。

短い描写でしたが、アイリスの過去に繋がる何かの伏線なのかなと思っています。

アーサーに姫と呼ばれ、冷めた顔のアイリスがかわいいですね(笑)

またシンラに対して「シンラさんもかっこいいですよ」とアイリスが声を掛けていましたが、アニメと原作漫画では解釈が違いました。

アニメではアイリスのかっこいいという言葉を聞いてシンラが素直に喜んでいるように見えましたが、原作漫画では1コマ母が「かっこいいよッ」と言ってくれたことをアイリスの言葉に重ね喜んでいます。

原作漫画を読んでいる方だけにわかるようなシーンでしたね。

能力を使っているときに目が光る演出

アニメ版オリジナルの要素だと思いますが、第2世代や第3世代の能力を持った者が能力を使うときに目が光る演出がされています。

普段よりも目の色が明るく描かれているときは能力を使っているという事が直ぐにわかり、今後登場するであろう他の能力者もいつ能力を使っているのかが目を見ていればわかりますね。

ゴリラサイクロプス

第2話でマキさんの新たな残念な一面が明らかになりました。

手合わせを行っている最中にアーサーがオウガとマキの事を呼んだ事で「誰がゴリラサイクロプスですって!!?」とマキがキレてしまいます。

女性の事をオウガと呼ぶアーサーやシンラが悪いのですが、マキも鍛え抜かれた自分の身体にややコンプレックスを抱いているようです。

桜備の装備

桜備の装備は

  • 七式消防戦斧
  • 特殊棍棒
  • パイルバンカー
  • 二式消防斧改
  • 消化グレネード
  • 消火器
  • 特殊盾

30キロ以上の装備を毎回出動の度にしているそうです。

また「うちにも早く機関員が入ってくれるといいんだけどな」という桜備の発言から今後、仲間が増えるフラグかなと思っています。

そしてこの量の装備全てのメンテナンスを火縄が行っているということもわかりました。

第2話では触れられていませんでしたが、第8特殊消防隊にある備品の管理やマッチボックスの整備も火縄がやっていそうな様子だと予想できます。

桜備が怒るところ

ラーメンを奢ったり、アーサーのタメ口にも器の大きい態度で接する桜備ですが、特殊消防隊として「武器を公に見せるな」という点でシンラとアーサーを叱っている描写がありました。

桜備のセリフから元人間である焔人を弔うということは、ただ怪物と戦っているのとは違うという事を再認識させられたという印象です。

ジョーカーの持っていた小瓶の中身は?

第2話で人体発火現象の現場に突如現れ、小瓶で何かをしたような描写がされていたジョーカー。

小瓶の中身はアニメ第2話で見る限りには砂のように見えます。

ジョーカーはミスリードなのか?それとも人体発火現象の秘密を握っているのか?と今後の展開が気になります。

第2話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました