炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第23話 あらすじと感想「修行回と見せかけてタマキ覚醒!焔ビトに新な仮説が!」

第23話「第弐拾参話 炎猫」あらすじ

https://twitter.com/FireForce_PR/status/1334896495032614913?s=20

シンラは、かつて“アドラリンク”した第7特殊消防隊の紺炉中隊長を訪ねる。紺炉から“アドラ”に関する心当たりを聞いたシンラは、紅丸に教えを乞い、アーサーとタマキと共に更なる力を得るための修行に身を投じる。

出典:TVアニメ『炎炎ノ消防隊』 STORY より

シンラはネザーでDr.ジョバンニから得た情報を桜備たちに報告を行った。紺炉の人柄はこれまでの積極的な協力もあり、疑う余地はなかったが、プリンセス火華からは伝導者との繋がりが指摘される。さっそくシンラは火華と共に浅草へ紺炉を訪ねることになった。アポイントをとっていないのにいいのかと問う火華に、シンラは第7は細かい手続きを嫌うと説明する。詰め所にやってきたシンラだったが、出迎えてくれた隊員が街外れの物置小屋に向かったと説明してくれた。怪しい行動をとる紺炉に火華はますます疑いの目を濃くする。2人が街外れの物置小屋に向かうとそこには紺炉と白装束の姿があった。伝導者との繋がりを指摘が当たったかのように見えたが、紺炉は数日伝導者一派ににつけられており、それをおびき出した場面に遭遇しただけだった。能力を使わず襲い掛かってきた白装束を倒した紺炉に2人が合流する。急にやってきた2人を紺炉は鷹揚な態度で迎えてくれた。事情を聞き、紺炉はアドラを見たことがあると答えた。それは紺炉が炭化の傷を負うことになった浅草の大火災の事件のことだった。そのとき現れた鬼の焔ビトを紺炉は自分と鏡写しのような存在だったという。鬼の焔ビトを倒した後に紺炉はアドラを見たのだった。紺炉の鬼をドッペルゲンガーのように感じた話を火華は興味深く思いその後の調査を開始することが決まった。何故紺炉が白装束に狙われたのか考えていたが答えはでなかった。そんなときシンラはアドラを見た人は傷を負っている共通点を指摘する。しかしそれにも答えはでなかった。それから紅丸と合流し、シンラは白装束たちにラピットやコルナが効かないことを相談する、すると紅丸は火事場の馬鹿力を使うのだと言い始め、シンラとアーサーに加えてタマキが紅丸に稽古をつけてもらうことになった。後日3人は紅丸の元を訪れる。今回から加わったタマキは自分が弱いせいで周りが傷ついてしまったことを悔い、強くならなけらばならないと決意を語る。見学だけでもと食い下がったタマキに紅丸が出した試練はヒカゲとヒナタとの遊びだった。子供相手と最初は手を抜いていたタマキだったが、ヒカゲとヒナタの実力を知ると直ぐに本気になるしかなかった。ヒカゲとヒナタから出された条件は2人から1分間逃げ切ること。紅丸もこの訓練を通してタマキの力を見ていると言う。タマキは能力をフルに使い2人から逃げようとするが、数秒で捕まえられてしまう。タマキはこれまでなんとなく周りに流された人生を送っていた。両親の勧めもあってシスターを目指し、学友が皆取得していたからシスターの取得をした。そんなときなんとなく第3世代の能力に目覚めてしまう。友人たちからの勧めもあり、いつしかタマキは第1特殊消防隊を目指すようになっていた。学友が憧れていた烈火にタマキも同じように憧れた。またタマキは“ラッキーすけべられ”のせいで、同性からの当たりが強かった。言われるがままに自分の大切で周りに迷惑を掛けないようにいつしか端でおとなしくしているのがタマキの当たり前になっていた。ネザーでの事件でタマキは自分の力不足を実感した。烈火の事件でタマキはただの被害者でシンラを頼ることしたできなかった。これまでのなんとなくでなった消防官だったとしても、変わりたいと願い自分もがんばると決意を新たにする。必死にヒカゲとヒナタから逃げているうちにタマキが今まで知らずに抑えていた力を発揮し始める。頭と尻尾のような炎を出す能力がいつしか顔を覆い、全身に炎を纏い始める。タマキはふと第8であった日常を思い出す。隅で食事をとっていたタマキにシンラはアーサーを見習って堂々としろと言う。シンラの「お前もどうどうとしてろよ」という言葉がタマキの何かを変えた。タマキはヒカゲとヒナタから逃げていたが、急遽停止し、立ち向かうことを選択する。変化した能力を使いタマキが猫又の火玉を使いヒカゲとヒナタを正面から突破してみせるのだった。ヒカゲとヒナタが熱くなり続きを行おうとするが、そこへ紅丸が制止しタマキがこれまで力を押さえていたことを指摘する。ただの鬼ごっこで私は変われるのかと問うタマキに紅丸は遊びに真剣になれないやつが真剣勝負なんてできるはずはないと答え、これから精進するように言う。それに背中を押されタマキは自身を取り戻すのだった。シンラとアーサーに行われた特訓は火あぶりにされることだった。危機的状況を作り出し、火事場の馬鹿力を発揮させる目論見だったが、紅丸は途中からタマキを見ており、2人はあぶられたまま放っておかれるのだった。

感想「修行回と見せかけてタマキ覚醒!焔ビトに新な仮説が!」

https://twitter.com/FireForce_PR/status/1334911846080458753?s=20

紺炉の言う焔ビト

23話ではアドラリンクをした訳を聞くためにシンラは火華と共に浅草へ行く事になりました。

あっけなく紺炉は自身が地獄のような光景を見たことを認めて、紺炉にかかっていた伝導者との繋がりの容疑も晴れることに。

予想通り紺炉は以前鬼の焔ビトが出現した浅草の大火災でアドラをみたとのこと

ただ紺炉が今回明かした、「焔ビトが自分と鏡写しのようだった」ことやシンラが気づいたアドラを見た人の傷は新しく今後の考察ができるものでした。

もしアドラは現世の鏡写しのような場所で、人体発火現象はアドラにいる自分が現世にの自分となり替わろうとする現象だとしたらなんて考えてしまいます。

こう考えると人体発火の原因もわかり、焔ビトは何者なのかというのも予想ができます。

別の平行世界からの侵略行為が人体発火と焔ビトなのかもしれないですね

ただそれだと浅草に現れた鬼の焔ビトは紺炉が人体発火した訳ではないので、少し違ってきてしまうのですが、この点は今後の明かされる展開に期待しています。

またアドラを見たものの傷が漢数字のように見えてしまいました。

紺炉が「一」、アーグが「三」、ジョーカとバーンズも共にアドラを見たのですが、傷がわかりません。

炎炎ノ消防隊で、数字が出てくると特殊消防隊の数と柱の人数を思い浮かべてしまいます。

守り人と柱と対応するように、アドラを見た者も数が限られており、何かの役割があるのかもしれないですね。

アドラバーストの新の覚醒への生贄なんてこともありそうです。

タマキ覚醒

23話にてシンラとアーサーの修行回再びと思いきや、タマキが覚醒するきっかけとなりました

ネザーでのジャガーノートや弾木の犠牲はタマキに相当ショックだったようですね。

またタマキの回想も交えて描かれ、これまでタマキがなんとなく消防官になったというキャラの深堀りがされました。

なんとなくでシスターの資格と特殊消防隊の入隊までできるのってかなりすごいのではと思ってしまいましたが……

またこれまでタマキの能力について頭と尻尾ができるというあやふやなもので、引っ掛かっていたのですが、どうやらタマキは知らず自分の力を押さえていたようです。

アニメを見る限りでは、炎の猫を身に纏い、身体能力の向上と炎耐性の強化といった能力になるのではと予想しています

23話で描かれた浅草での出来事はタマキにとってきっかけにしか過ぎず、力の全開放なんて展開を期待してしまいますね。

 

第23話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました