不滅のあなたへ 第14話 あらすじと感想「闘技場開幕!何故パロナの姿に?」

第14話「自由の島・ジャナンダ」あらすじ

スカイフィッシュ号の案内役、少女トナリに導かれジャナンダ島へやってきたフシ。そこは凶悪殺人犯たちを囚人として集めた島だった。囚人たちは望みをかなえるために、闘技場で殺しあうという。離れ離れになったピオランを救いたいフシは、闘技場で戦い続ける。

出典:アニメ「不滅のあなたへ」公式サイト より

ピオランを助けるためフシは闘技場に参加することにしたが、闘技場で何をするのかわかっていなかった。初戦はバトルロワイヤル形式。トーナメントの説明を聞き、死ななければ勝てると考えたフシだったが、合図で走り出した出場者たちに押され、転倒し出遅れてしまう。フシが起き上がり、闘技場に上がるころには既に1人だけしか残っていなかった。闘争心の見えないフシへ勝ち残った1人が斧を投げつけるとフシの頭へ斧は突き刺さった。何のダメージも受けないフシだったが、ふと酒爺が争いが起こらないように力を隠すようにと言っていたことを思い出し観衆の前では倒れたほうがいいのかと迷ってしまった。その隙に相手がフシへ次々と武器を突き刺した。それでも死ななないフシを見て相手は恐怖し、二日酔いだったと言って倒れたのだった。無事に初戦を勝ち抜いたフシにトナリは喜び声をかける。初戦を終えると島の人々はフシへと次々と声をかけてきた。戸惑っていたフシだったが、トナリたちが仕切りフシと話したい人からお金を取ろうとする。それからトナリは班長へ船をたくさん用意して欲しいとお願いする。フシが永遠の統治者になると考え、皆で結託して外へ出ようと言うのだった。それからトナリたちはフシを島の中を案内した。囚人たちが島内で普通に暮らしていることにフシは気づき、ピオランは収容されていないのではとトナリに言い寄るが、前科があったためピオランは特別に拘束されているとトナリは言うのだった。それからトナリはある人に言われフシたちをわざとジャナンダ島へ導いたと明かす。それを聞いてフシは彼女らの元を離れて1人で行動することにした。夜になりコウモリの姿を獲得しようと弓で仮を行うが当たらなかった。業を煮やしフシは観測者を呼び出し、彼の力でピオランの元へ連れて行って欲しいと言う。しかし観測者は大会はいいのかと問い返し、フシは既に数人殺していることを告げた。フシと関わったためにグーグーは命を落としたと観測者は指摘し、肉体の死は誰にでも訪れる現象で、人間は時としていつ死を迎えるか選ぶことができることを気づいて欲しいと言う。そしてこの闘技場に参加している人間も同じで死に時を選んだ人間にフシが心を痛める必要はないと言うのだった。それからフシが1人で寝ていると近付く影があった。黒髪の女性は寝ているフシの顔に舌を這わした。翌日フシはピオランの捕らえられた地区の壁を登ろうとしていた。しかしなかなかうまくはいかない。フシは偶然モグラの姿を獲得し、地中を掘ろうとしたところでトナリたちが連れていたフクロウに捕まってしまい、闘技場の会場へ連れていかれてしまった。トーナメント戦となった闘技場での戦いでフシがバーサーカーに勝てないように威嚇を繰り返すが、バーサーカーはフシが攻撃を当てないことを見抜き、闘志を消さない。フシは勝つ方法を考えているといつの間にか、怖くて強いものを求めるようになっていた。そこでフシは自分が間違った考えを持っていたことに気づき、かつてニナンナで「人の生き死にに意味を求めるなんて間違っている」と言っていたパロナのことを思い出す。するとフシはパロナの姿に変身した。パロナの身体は軽く動きやすく、バーサーカーを格闘術で圧倒した。フシはトーナメントを勝ち進み3回戦に進出することになったのだった。

感想「闘技場開幕!何故パロナの姿に?」

闘技場開始

ジャナンダ島に連れてこられ、ピオランを助けるためフシは闘技場に出場することになりました。

あらすじでは「闘技場で戦い続ける」とありますが、フシの戦い方は威嚇だけで相手を傷つけず自分が死ななないことを見せつけて棄権させるというものです。

人と争わなければならない状況に陥り、たくさんの戦う能力を獲得するのかなと思っていましたが、フシが相手を傷つけないように立ち回っている限りは大量の武器を獲得するだけですよね。

黒髪の女性はハヤセ?

14話にて寝ているフシの顔を女性が舐めるというシーンがありました。

顔の傷やピオランがヤノメにて起こした罪をトナリが知っていたことからハヤセなのではと考えています。

フシがどこかで嗅いだことのある匂いだと言っていたシーンや班長が「ヤノメからこられたあの女の方だ」とトナリに言っていたことからもハヤセであることが濃厚ですね。

ただ闘技場に自ら出場し勝ち抜いていたシーンも描かれており、ハヤセは何がしたいのか不明なところが多いです。

客人として島に訪れていること、フシへ並々ならぬ因縁があることなどから、もしかしたらフシをトナリにジャナンダ島に導くように言ったのはハヤセなのかもしれません。

何故パロナの姿に?

14話のラストにて1対1のトーナメント戦へとフシが勝ち進み、フシが勝つ方法を試した結果パロナの姿を獲得しました。

フシの変身は相手が生きているうちは姿を獲得することはできません。

ニナンナを離れて4年以上が経っていますが、パロナの年齢的にはまだ命を落とす理由がわかりません。

あるとすればフシと別れた後、フシを追ってきたハヤセに殺されてしまったのかなと考えています。

今後はフシが闘技場をどう勝ち抜くのかとハヤセの動向が見どころになってくるかなと思います。

 

第14話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました