不滅のあなたへ 第7話 あらすじと感想「グーグー登場!開始から既に不幸な過去が!」

第7話「変わりたい少年」あらすじ

https://twitter.com/nep_fumetsu/status/1396818263493992450?s=20

フシとピオランは、タクナハに到着。酒爺の店で仮面の少年グーグーに出会う。3か月前のある出来事のために素顔を隠し、酒爺のもとで使用人として働いているグーグーは、謎めいた少年フシに、どこか親しみを感じる。

出典:アニメ「不滅のあなたへ」公式サイト より

グーグーは酒場で働く前に兄と2人で暮らしていた。いつか2人で大きな屋敷で暮らしたい。そんな夢を抱いて毎日2人は畑仕事や露天商を行いお金を貯めていた。露天商をやっていた際にグーグーは何かを探す少女リーンに一目惚れしてしまう。家に帰ると兄は見慣れない友人と一緒にいた。その日の売り上げを貯金箱に入れようとしたところでグーグーはお金が減っていることに気づく。空き巣にあったのでは疑問を口にしたグーグーだったが、兄が俺の友人を疑うなと注意され、気にするなと言われてしまうのだった。その後1人で賄いを食べているとやせ細った犬が現れた。グーグーは犬に賄いの饅頭をわけてやるのだった。翌日いつものように露店の店番をしていたグーグーの前に昨日の犬がやってきた。すぐに駆け寄ったグーグーは犬にミールと名前の書かれた首輪があることを知る。そんなところへミールを呼ぶ声が聞こえてきた。リーンが探していたのは犬だったのだ。グーグーは恥じらいながらも声をかけ、お礼にリーンから高価な指輪をもらった。グーグーはリーンに名前を聞こうとしたが声をかけようとしたときには彼女は既に立ち去ってしまい、彼女の名前を知ることはできなかった。その日家に帰ると兄の姿はなかった。貯金箱も空になっており、中には兄からの手紙が入っていた。手紙には運命に抗うことにしたという内容と謝罪だけがあった。2人で大きな屋敷を買って住むというグーグーの夢は断たれてしまった。失意の中でもいつものようにグーグーは仕事をこなす。仕事終わりに何のために生きているのかと疑問が浮かび、ふと通ったトロッコにぶつかれば運命が変わるのではと馬鹿なことを考えてしまう。そんなことを考えてしまったことを反省していたグーグーだったが、すれ違い際に運んでいた丸太が落ちてきて危うくグーグーは潰されそうになってしまった。丸太の運搬をしていた者が直ぐに駆け付け、丸太を積み直そうとするが1人では動かないため、人を呼ぶと言って去って行ってしまう。その場に残されたグーグーは丸太を見張っていたが、丸太を支えていた木が折れ、坂を転がり始めてしまう。坂の下には花を摘む少女が居た。危ないと注意し坂を下るグーグーだったが彼女に声は届かない。咄嗟に彼女を突き飛ばしたグーグーは転がってきた丸太で頭を潰されてしまうのだった。意識が遠のく中で助けた女の子を救助する声が聞こえてきた。彼女の名前を知ることはできたが、グーグーを助ける人は誰もいなかった。夜になり酒場を営む酒爺がグーグーを見つけ助け出した。グーグーが目を覚ますと知らない屋敷の中で寝かされていた。起き上がると体が酷く重い。お腹だけ妙に膨れ上がり、鏡を見ると怪物のような顔になっていた。絶望するグーグーへ酒爺が助かったことにお前は運がいいと声をかけた。それからグーグーは酒場で働くようになった。3ヶ月の月日が経ったある日ピオランと名乗るお婆さんが急に酒場に現れ、不死身の怪物フシを連れてきた。ピオランが酒爺にフシの変身能力を実際に披露してみせた。グーグーはフシに不死身の怪物という点で親近感を感じ面倒を見ることにした。建物の中を案内し、フシの来ている服を綺麗に洗った。それからグーグーは店番や畑仕事をするときにフシを連れまわすようになった。ある日の晩御飯のとき酔った勢いでピオランと酒爺がフシをお金稼ぎに利用しようと発言したが、グーグーは酷く反発しフシをまるで兄弟だと言い始めるのだった。今までグーグーは将来が変化のない退屈な毎日が続くと思っていた。しかしフシが来てくれたことで少しだけ生活が変ろうとしていた。グーグーにとってフシは救いだった。ある日店番をしていると酒場にリーンがやってきた。彼女は3ヶ月前に負った傷に聞く酒を探しているという。思わぬ再会に浮足立ちながら接客していたグーグーだったが、リーンはフシに興味があり好意を抱いているようだった。失恋をしてしまったグーグーは落ち込んでいたところへ酒爺がいい男になれと声をかける。それに従いグーグーはまず体を鍛え始めた。それを見た酒爺はグーグーの成長を喜び声を上げて笑い。それを真似てフシも笑い、ピオランもつられて笑うのだった。

感想「グーグー登場!開始から既に不幸な過去が!」

グーグー登場

7話ではグーグーの過去回想から始まり、フシたちが訪れタクナハでの共同生活が始まるまでが描かれました。

過去にグーグーは兄がいて、兄は何か賭け事をやっていたような描写がありましたね。

結局兄が蒸発してしまい、失意に暮れていたところで坂から転がる丸太からリーンを助けるためグーグーが彼女を突き飛ばし顔に大怪我を負ったようです。

そこから酒爺にグーグーは拾われ、酒場で働くようになりました。

次回予告を見ていたときにグーグーの素顔が載っていたため、素性を隠すために仮面を被っているのではと予想していましたが、怪我でグーグーは怪物のような顔となったからでした。

7話で描かれたグーグーの性格は真面目で、押しかけてきたフシのことを弟のように思い面倒を見るほどです。

作中で特に酒爺から支持や強く当たられるような描写もなく、仕事も自ら率先してやっているのだとわかります。

そして8話の予告にてグーグーの体には何か秘密が隠されているそうです。

気になる点といえば異様に膨れたお腹ですので、酒爺にお腹の中にお酒を貯蔵するように改造されているのかもしれないですね。

グーグーとはどんな別れ方をするのでだろう

今のところグーグーは将来に絶望しており、夢と呼べるものがありません。

7話で酒場にリーンが訪れるようになったため彼女のため何かを決意するのかもしれません。

タクハナは今のところ平和な様子でしたが、6話でピオランがヤノメと戦を行っているとフシに話しているシーンがありました。

そのうち戦火に巻き込まれ、彼女を守るためにグーグーは死んでしまうのかもしれないですね。

フシの服は体の一部

姿を変化させていることから予想はしていましたが、フシは少年の姿をとっているときも服が体の一部として再現しているようです。

少年の足の怪我、マーチのお腹の怪我など傷まで再現してしまっていますからね。

ただ7話内でグーグーがフシの服を脱がせる描写があり、服は体に張り付いていたものの、特に不都合なことは起きずに着脱ができました。

7話ではフシに成長というものが見られませんでしたが、グーグーとの間に築かれるものは何なのか注目したいところです。

 

第7話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました