ゴーストオブツシマの奇譚の大綱の天狗の百鬼と黄金の攻略は刺客と弓取で隠密と闇討ち

ゴーストオブツシマの奇譚の百鬼6週目は大綱の天狗となっております。

今回はいままでの百鬼と違い人質を助けるミッションがありますので、おそらく前回までより難易度が高いのではないでしょうか?

今回はなんとか月曜日に刺客と弓取りで攻略できましたので、手順について書かせていただきたいと思います。

またあくまでも当方が行った手順ですので、もっと他にも方法はあると思われますので、あくまでも一例としてお読みください。

ゴーストオブツシマの大綱の天狗の黄金と百鬼について

大綱の天狗という名前の通り天狗が多く登場しますので、天狗をどう処理するかというのが課題になります。

さらに百鬼の場合は敵が霊兵になりますので、霊兵の処理をどうするかになります。

百鬼は刺客二人や刺客と弓取だと簡単なのですが、それ以外だと手こずると思います。

正直な所、刺客は野良の場合相方がこちらの動きを察してサポートしてくれるかどうかで難易度が変わりますので、逆に一人でプレイした方がやりやすかったりもします。

ゴーストオブツシマ奇譚の大綱の天狗の黄金や百鬼の攻略

ここではステージごとの攻略のポイントを書いていきたいと思います。

装備に関してですが、闇討ちがメインになりますので、暗具は煙玉ととりもち玉がお薦めですね。

大綱の天狗ステージ1

ステージ1に関してだけでなく全体的にですが、刺客ですと天狗か鬼に混乱針を打ち込めば同士討ちさせてればで楽ですね。

弓取だと最初の崖の草むらに隠れながら弓をぺちぺち鬼の犬をヘッドショットすればいいので、一番簡単かもしれません。

天狗と霊兵に目がいきがちですが、何気に鬼の犬が密集されていると周囲から一度に爆発を食らって一撃で終わる時があります。

ただランプを射ると矢が足らなくなるかもしれないので、先に崖下の三人と鬼の犬を煙玉やとりもち玉などの暗具で一気に殲滅させた方が良いですね。

刺客の混乱針が攻略に一番簡単です。

混乱針で真ん中の天狗をまず最初に混乱させて周りの鬼の犬に倒してもらいつつ、崖下の2人と鬼の犬をとりもち玉と煙玉で一気に殲滅します。

鬼がテーマの時は一番右の○にも鬼が居ます。

 

手持ちの火力が無さそうな場合は一番右がおそらく鬼ですので、右側を優先して先に倒します。

あとは当方は右側の川沿いの奥に一体霊兵がいるのを見落としがちですので、右奥から順番に通っていきます。

お供え物で混乱針を補充したら鬼の犬に一匹毒針を打ち込むと敵が密集して同士討ちしますので、楽です。

あとは煙玉などで、残った敵を一気に闇討ちと必殺技や得意技で殲滅します。

ちなみに巻物がある場合は川沿いの舟の上にありますので、見つけられないという事は無いと思われます。

スポンサーリンク

大綱の天狗ステージ2

ここは最初の隙間をくぐると右の崖に居る敵に見つかりますので、まず右の崖を上って上の敵をたおしてから入り口付近の霊兵をたおします。

ここも天狗や鬼などを混乱針で混乱させると楽なので、刺客の場合であまりタイムに拘らないなら他の敵を倒せてもらえますので、最後に鬼や天狗を倒します。

弓取の場合はランプを射って場所を確認しながら弓でペチペチやるのが安全ですが、2人ならごり押しの方が早いかもしれません。

ごり押しする場合は人質のいるテントの出入り口の幕を挟んでうまく闇討ちマークが出るように戦うことがおすすめです。

ただし薙刀の鬼は敵の攻撃の方が先に当たりますので、残っている手持ちの暗具や特技は薙刀の鬼に投入した方が良いです。

川を渡った後ですが、まず右側の小屋からごり押しする場合は段差のある入り口とふすま越しにいる霊兵の盾兵を闇討ちしてから中に立てこもって戦った方が良いです。黄金と配置が同じですので、一度黄金の難易度をやっておくとわかると思います。

そこから奥のテントに行くまでに鬼や天狗が居ますが、刺客は混乱針で、その他の場合は一気にテントの人質の所まで行ってテントの中の敵を煙玉などで殲滅してから再び立て籠ってごり押しが一番楽だと思います。

大綱の天狗ステージ3

まず階段を降りたところに2人いますので、闇討ちします。さらにそのまま降りてしまうと階段を昇ってくる霊兵に気付かれますので、左の岩場を登って釣鐘の場所にいくと霊の弓兵と天狗が居ますので、煙玉で闇討ちします。ちなみに行善の巻物がある場合はこの釣鐘の柱の隅にあります。

恐らく石段にいる霊兵が気付いて近づいてきますので、煙玉の効力が残っている場合は闇討ちで倒し、残っていない場合は残りの暗具や特技は温存してごり押しでたおします。

その先に霊兵が向こうを向いて立っておりますので、闇討ちします。

さらに進んで石橋を渡った所に後ろを向いた霊兵が居ますので、闇討ちなどで先制して倒します。

そして、道なりに行くと天狗2対と霊兵と弓兵がいますので、道沿いと右の岩場を上って刺客の場合は混乱針を天狗に撃ち、弓取りの場合は火の矢でヘッドショットします。

天狗さえいなければあとはごり押しでどうにかなると思いますので、天狗優先で倒します。

最後の洞窟の中の小次郎の例と鬼はやはり鬼に混乱針を打つと楽ですが、無い場合は煙玉などで霊兵や小次郎の霊を先に倒すとおそらく必殺技の気力が溜まると思いますので、鬼に必殺技を使うという手順が良いと思われます。

野良のコツ

野良だと連携がうまく取れないと難しいと思われますが、コツとしては最初に闇討ちした時に一呼吸おいて相方がどのような行動をとるかをある程度予測するという事ですね。

直ぐ煙玉やとりもち玉を使う人でしたら、自分のものは温存しておいて、2回目に使うなどできますし、いきなり敵に突っ込んでいく場合は人文が先に暗具を使うなど、ある程度「こういう人だろう」という人物像をイメージする事ですね。

黄金は?

黄金は霊兵が普通の兵士になっているだけですので、攻略手順は大体同じです。

ただ壱与の分身がいる場合は壱与の分身を先に倒します。

基本的には闇討ちメインで戦うとかなり楽ですが、ごり押しはやりづらいステージになります。

しかし大綱の天狗は勝負の行方などにくらべて、ステージが短いので、慣れると10分強で回れると思います。

武具集めの手順を覚えれば武具集めの周回には「絶たれた魂」や「像に潜む鬼」と同じく楽だと思います。

ただ人質が居るという部分が大きく違いますので、それが苦手だという方は他のステージの方が良いのかもしれません。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました