はめふらのアニメ12話感想考察とネタバレ「友情エンド」乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

アニメ乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったの第11話あらすじや感想を紹介しています。

主人公カタリナ・クラエスにてまとめ情報は以下をご覧ください。

カタリナ・クラエスのプロフィールと声優の内田真央の経歴|【はめふら】乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
今回は4月4日からスタートする「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の主人公「カタリナ・クラエス」についてプロフィールや前世、経歴や声優の内田真礼さんについて書かせていただきます。 カタリナ・クラエスとは ...

オープニング主題歌を歌うangela(アンジェラ)「乙女のルートはひとつじゃない!」については詳しくは以下の通りです。

【はめふら】OP主題歌「乙女のルートはひとつじゃない!」の発売日やangelaについて|乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
4月4日25:30からMBS・TOKYO MX・BS11にて放送開始の「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」こと「はめふら」の主題歌が気になっています。 オープニングソングはangelaの「乙女のルートはひとつじ...

生徒会長シリウス・ディークの原作小説より、ネタバレについて別途書かせていただいております。アニメ最終回以降のネタバレも含みます。

はめふら|生徒会長シリウス・ディーク(ラファエル)の正体ネタバレとその後「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」アニメ第6話ではそれまで、モブキャラ的な扱いであった魔法学園の生徒会長のシリウス・ディークですが、意味ありげな描写や言動が出るようになりましたね。 という事で、今回は小説版...

ソフィア・アスカルトについてのネタバレについても別途書かせていただいております。

はめふらのソフィア・アスカルトの正体とネタバレあっちゃんは前世?乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
今回は「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」で登場する「FORTUNE・LOVER」におけるニコルルートのライバルキャラであるソフィア・アスカルトについて書かせていただきたいと思います。 ソフィアアスカルトの経歴 ...

メアリ・ハントについてはこちらに書かせていただいております。

はめふら|メアリハントの経歴や「FORTUNE・LOVER」と本編の違い|乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
はめふら「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」のライバルキャラの一人である。メアリハントについて書かせていただきます。 ゲーム「FORTUNE・LOVER」でのメアリと本編との違いなどを書かせていただきます。 ...

12話の原作小説での展開についてはこちらに書かせていただいております。

はめふら12話の最終イベントや生徒会長シリウス(ラファエル)のその後の原作小説ネタバレ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の12話のタイトルが「最終イベントが来てしまった」となっております。 これは11話で黒幕として判明した闇の魔法使いである生徒会長シリウスディークとの対決が終わり、1年先輩で...

12話以降の魔法学園を卒業するまでの原作小説についてはこちらに書かせていただいております。

はめふらの12話最終話からカタリナが卒業するまでの原作小説と2期や映画の可能性は?
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」が最終回を迎えますが、最終回の最終イベントではニコルアスカルトの卒業式であり、カタリナが卒業するわけではありません。 しかし、破滅フラグは回避されております。こちらは原作小説の...

感想につきましては初見の方に執筆いただいております。

第12話「最終イベントが来てしまった…」あらすじ

囚われていたマリアをみつけたカタリナたち。そしてついに事件の首謀者と対峙する。事件の行方は!?ここまで破滅フラグを回避してきたカタリナ最大のピンチ!そして迎えるゲーム最後の卒業式イベント。果たしてカタリナは破滅フラグを回避できるのか!?

出典:TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』 より

感想「案の定友情エンド。2期の制作も決定!」

12話はシリウスとの決着と2年生の卒業イベントの様子が描かれました。

カタリナの振舞いで全員の好感度がカタリナへ向いたため、マリアは他の攻略対象と恋に落ちることはなく、ゲームとしては友情エンドということになりました。

作中でもカタリナが説明していましたが、恋愛ゲームなどにおいて友情エンドはその後の物語や作中での問題が解決せずに、そこで終わってしまうためある意味ではBADエンドですが、カタリナにとっては理想の終わり方ですね。

2年生の卒業パーティーでマリアの告白があり、ルート分岐するってことは元々のゲームではあそこから各攻略対象の物語がはじまるのでしょうか?

終わりに2期の発表もされ、その後も世界も楽しみですね。

シリウスもとい、ラファエルとの決着がやや物足りない感じがしましたが、1クールのアニメとしてはかなり綺麗にまとまっていたなと思いました。

スポンサーリンク

シリウスの本名はラファエル

シリウスの闇の魔力を得た経緯が描かれました。

シリウスは元はラファエルという名前でしたが、腹違いのシリウス・デュークが不治の病に侵されていたため、記憶を転写する儀式を実の母を犠牲に行われました。

しかし儀式は失敗し、シリウスの記憶はラファエルに残ったものの、人格などが変化することはなく、母の復讐のためラファエルはシリウスを演じていたということでした。

また闇の魔力も母を殺し始末されてしまった復讐者が憑りついていたせいで、不都合な記憶が改ざんされていました。

カタリナとのやり取りでラファエルは自分の意志で憑りついていた男を浄化し、カタリナは生徒会メンバー全員が殺されてしまうという最悪のBADエンドを回避することができました。

最終イベントは2年生の卒業パーティー

本来ゲームでは2年生の卒業パーティーの途中で、マリアが抜け出し告白を行いルートが分岐します。

マリアの選ぶルートによってカタリナの処遇が変化し、国外追放や最悪その場で斬り捨てられてしまいます。

視聴者側はもうそんなことは絶対ないだろうとわかっていましたが、マリアの選んだのは結局カタリナで、ゲームとしては友情エンドに落ち着きました。

2期制作決定

本編終了後直ぐに2期の告知が行われました。

12話まで視聴した人は見たいと思いますが、ファンディスク的な内容になるのでしょうか。

原作では魔法省の物語まであるとかないとか。

カタリナ農場

カタリナ農場10回目はありませんでしたが、今回は総集編のようなものがCMとして流されました。

内田真礼さんの土おじさんへの辛辣なコメントが笑ってしまいますね。

総評

はめふらは基本的にカタリナが無自覚に周りの人物たちを落としていってしまうというライトノベルや漫画によくあるハーレム展開を性別を逆に入れ替えたような作品です。

ただしカタリナが特別な力があったり、魔法や戦闘能力に優れているという訳ではありません。

カタリナの破天荒さと登場人物たちの悩みに優しくそっと寄り添うところが周りに好かれる理由です。

アニメ作品としても何も考えずに視聴していてもテンポも良く、面白いという感想が持てます。

1期だけできれいに内容がまとまっているため、視聴後にもやもやが残ることもありません。

原作と展開が違っているところもありますが、11話なんかでうまくアニメオリジナルで改変されて不自然なところがなく物語へ繫げられています。

原作を読んでいなくてもアニメだけで十分に楽しむことができます。

カタリナが登場人物たちをたらしこむのと同様に視聴者もいつのまにか引き込まれているような作品でした。

第12話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました