はめふら12話の最終イベントや生徒会長シリウス(ラファエル)のその後の原作小説ネタバレ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の12話のタイトルが「最終イベントが来てしまった」となっております。

これは11話で黒幕として判明した闇の魔法使いである生徒会長シリウスディークとの対決が終わり、1年先輩であるニコルアスカルトの卒業式という流れになります。

また最終イベント後も原作小説は継続しているのですが、どのような展開なのでしょうか?

という事で、今回は12話の原作小説のネタバレ展開とその後の展開はどうなるのか?について書かせていただきたいと思います。

原作小説では2巻の後半部分に当たります。

12話の原作小説2巻の展開ネタバレ

前回生徒会長シリウスディークの闇の魔法により眠らされていたカタリナは、ソフィアの前世であるあっちゃんに救われ目覚めます。

そして、あっちゃんに教えてもらったディーク家の倉庫からマリアを救い出します。

無事に見つかったマリアにシリウスの居場所を聞くと目の前の扉の先にいると話し、扉を開けると、闇の魔法に覆われたシリウスディークが座り込んでおりました。というところで前回は終わっております。

カタリナはシリウスと対峙し、すごく苦しそうな顔で泣いていたからちゃんと話を聞かせてほしいとシリウスに話しかけます。

それに対してシリウスは「この偽善者が!それで他の奴らの様に僕のことも救ってくれるとでも言うのか?」とカタリナに叫びますが、カタリナはきっぱりと「できない」と伝えます。

そして、あなたが苦しんでいるのを救ってあげることはできないけど、そばにいる事は出来るから、悲しい時や辛い時は話を聞いてあげるから一人で泣かないでと伝えます。

また、あっちゃんに教えてもらった本当の名前ラファエルと呼びます。

シリウスディークことラファエルの正体についてはこちらに書かせていただいております。

はめふら|生徒会長シリウス・ディーク(ラファエル)の正体ネタバレとその後「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」アニメ第6話ではそれまで、モブキャラ的な扱いであった魔法学園の生徒会長のシリウス・ディークですが、意味ありげな描写や言動が出るようになりましたね。 という事で、今回は小説版...

ラファエルの正体はディーク公爵夫人の実の息子であるシリウスディークが不治の病だったため、ディーク公爵のお手つきにより生まれたラファエルウォルトに魂を移すために闇の魔法をラファエルに宿します。

しかし、最終的にラファエルの中にシリウスディークの記憶は移し替えられましたが、人格はラファエルのままでした。

しかし、それがディーク公爵夫人に知られると命がないと思ったラファエルは以後シリウスディークのふりをして生きていくことになります。

そして、復讐を糧に生きてきたディークでしたが、同じく心に傷を抱えていた生徒会の役員をカタリナが聖女のごとく救っていく様に母親を重ねてしまい、復讐に迷いが生じます。

そして、カタリナに名を呼ばれたことで、闇の魔法を宿した際にいけにえにされた魔法使いに乗っ取られていた母親の記憶を取り戻して、改心します。

その後ラファエルは退学は逃れましたが、体調不良という名目で、自ら魔法学園を去ります。

スポンサーリンク

その後のラファエルは?

ラファエルは自らの罪を自白し、それにより、ディーク公爵夫人は逮捕された事が社交界の噂によりわかります。

そして、ラファエル自身ですが、闇の魔法の研究のために魔法省預かりとなり、職員となります。

そこで、一緒に仕事をする上司が変装のプロであるため、瞳の色が灰色以外はは別人のようになって生活しております。

最終イベントとは?

最終イベントとはニコル・アスカルトら現在の2年生の卒業式の事になります。

乙女ゲーム「FORTUNE LOVER」においてはこの卒業式でゲーム終了となります。

主人公マリアが、攻略対称の誰かと結ばれる。または全員と結ばれる逆ハーレムルートでゲーム終了となります。

カタリナは破滅フラグになっても生きていけるように、農作業道具を準備し、ジオルド王子に剣で斬りかかられた時に対抗できるように、蛇のおもちゃをポケットに忍ばせて準備しておりました。

そして、マリアが攻略対称の誰と抜け出すかを見極めるためにべったりマリアにくっついていましたが、一向にその気配が無い為、直球でマリアに「あなたに好きな人はいないの?」と聞きます。

するとマリアは「お付き合いしたいと思う男性はいない」「押したいしてるのもそばに居たいと思うのもカタリナ様」と若干百合気味の返答をカタリナにします。

そして、それを聞きつけたそのほかの生徒会メンバーも、我も我もと集まって来て、カタリナは結局は全員友達の友情エンドで終わったと気がつきます。

という事で破滅は訪れず、ゲームにはなかった新しい季節となって終わります。

卒業後の内容は?続編はある?

原作は2年生になったカタリナが卒業するまでの魔法学園編が終わったのち、その後は続編の「FORTUNE LOVER2」があったということが判明します。

カタリナは魔法省に入省し社会人となって社会人編の「FORTUNE LOVER2」の破滅フラグを回避するために再び奮闘することになります。

という事で、原作小説を見る限りは続編の可能性はあります。

最後に

今回は「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」12話の最終イベントまでの原作小説のネタバレをまとめてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました