はめふらアニメ6話の感想と原作小説ネタバレ|乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった

アニメ乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったの第3話あらすじや感想を紹介しています。

主人公カタリナ・クラエスにてまとめ情報は以下をご覧ください。

カタリナ・クラエスのプロフィールと声優の内田真央の経歴|【はめふら】乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
今回は4月4日からスタートする「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の主人公「カタリナ・クラエス」についてプロフィールや前世、経歴や声優の内田真礼さんについて書かせていただきます。 カタリナ・クラエスとは ...

オープニング主題歌を歌うangela(アンジェラ)「乙女のルートはひとつじゃない!」については詳しくは以下の通りです。

【はめふら】OP主題歌「乙女のルートはひとつじゃない!」の発売日やangelaについて|乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
4月4日25:30からMBS・TOKYO MX・BS11にて放送開始の「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」こと「はめふら」の主題歌が気になっています。 オープニングソングはangelaの「乙女のルートはひとつじ...

はめふら第6話「夏休みだから楽しく遊んでしまった」あらすじ

順調?に破滅フラグを回避しているカタリナは、ヘビのおもちゃの投擲練習や畑仕事、木登りにいたるまで、来たる「破滅フラグ」回避への準備を進めつつも、充実した夏休みを満喫していた。そこへやって来たジオルドから「一緒に湖へ行きませんか?」と誘いを受ける。カタリナと2人きりで過ごしたいジオルドだったが…

出典:TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』 より

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」原作小説2巻第3章ネタバレ

ここでは、「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」アニメ第6話「夏休みだから楽しく遊んでしまった」の原作小説の該当部分に関して何巻なのかや内容について書かせていただきます。

原作小説の該当部分は2巻の第3章「夏休みがやってきた」と5巻が短編集となっており、「キースに義姉としてできることは」「カタリナと仲間たち」の内容となります。

今回のストーリーは原作小説の2巻の第3章に「夏休みがやってきた」になります。

アニメとの変更点として、前回の第5話「主人公の実家にお邪魔してしまった」の後半部分に当たる「マリアキャンベル」の実家に行った部分が夏休みの出来事として描かれております。

ただアニメであったマリアの家の畑を耕したり、親子でお菓子を作るといった部分はオリジナル部分となります。

アニメはその後の部分からスタートになります。
ある日キースが貴族子息の親睦会的なものに留守を狙って、ジオルドが湖に涼みにいかないかと誘いますが、結局はキースが見つけ一緒に湖に行くことになります。
そして、ある日にはアランの演奏会にいきます。
そこでは、アランの最後の曲が素晴らしいとカタリナがほめたことにより、自分のカタリナに対しての気持ちに気付きそうになりますが、メアリはアランが自分の気持ちに気付かないように、アランをファンの令嬢が居る元へ引っ張っていきます。ある日にはソフィアとニコルの2人と街に買い物に行きます。
そこで本や雑貨やお菓子などのショッピングを楽しみますが、最後にソフィアが、「買い忘れがあったので、買いに戻ります」とカタリナとニコルを二人きりにします。そして、ニコルに感謝の言葉などを述べられますが、ニコルの魔性の色気に完全に会話の内容を忘れます。
またある日、舞踏会では生徒会長のシリウスに会います。そこでは、会長に婚約者がいないことが話題になりますが、不穏な空気を残して、会話が終わります。
そして、最後に夏休みの終わる2日前に宿題をほどんどやっておらず、ニコルに手伝ってもらい、前世でも夏休みの宿題を徹夜でやっていたことを思い出し終わります。
スポンサーリンク

見逃し配信は?

見逃し配信についてはdアニメストアが最新話の配信になります。

感想「夏休み中でもフラグ多数!あっちゃんソフィアに転生した?」

第6話では魔法学院での生活も夏休みに入り、カタリナの夏休みの様子が描かれました。

いろいろなエピソードの中で大人になった周囲のカタリナへの好感度の再確認というような回でしたね。

カタリナの行動によって攻略対象の人物に加え、それ以外の人々が多くの影響を受け、良好な人間関係を築いているようです。

またカタリナは無自覚ですが、カタリナを慕う友人たちからは全員お互いの好意に気づいており、牽制している場面もみられました。

カタリナの目の前でジオルドが「本当に君の執念深さにはびっくりですよ、キース」と言っていたにもかかわらず、カタリナはその様子をみて「2人とも仲良しね」と鈍感すぎて気づきもしませんでした。

また第6話は悪役令嬢たちの嫉妬フラグ会長フラグあっちゃん転生フラグなんかも立てられて面白かったです。

特にあっちゃんのセリフの特に難しいルートがあってねという言葉が気になりました。

カタリナがそのルートに入っちゃっているんじゃと予想していたりします。

へび投げの練習

「カタリナ・クラエスの華麗なる夏休み その1」と題して庭師のトムさんから新しいヘビのおもちゃを貰いました。

夏休み中、カタリナはそれを使ってヘビのおもちゃを自然に投げる練習に励んでいたようです。

キースの好感度

スイカを食べたあと木陰で、キースの横で昼寝をしてしまったカタリナ。

その姿をみてキースは幼い日に悪夢に襲われたところをカタリナから助けてもらったことを思い出します。

彼にとってカタリナは恩人であり、その無防備さから守ってあげなければと思っているのかもしれませんね。

ジオルドからの湖へのお誘い

ジオルドから「湖に涼みにいきませんか?」というお誘いに、カタリナは軽く返事をして湖に向かうことになります。

社交界に出かけていたキースはアランからジオルドが1人で出かけたことを聞き、急いで戻ってきたとのこと。

それを聞いてカタリナはまだまだキースは甘えん坊だと思うだけでした。

それからカタリナが友人たちを誘い、ジオルドの湖デートは友人たちとの湖観光に変わってしまいました。

メアリがなかなか本音が漏れ出て面白いキャラになってきました。

ジオルドやニコルは幼少期からの変化がわかりにくいですが、湖での一件でニコルがジオルドへ「昔はそんな風に笑うことはなかったな」「顔で笑っていたもどこか退屈そうだった」と言い、ジオルドもニコルに「あなたが笑うのは彼女の前だけですよ」と指摘しています。

ジオルドとカタリナが婚約関係にあることから、良い友人関係が築けていますが、バチバチです。

アスカルト兄妹と買い物へ

ソフィアとカタリナは買い物へ行く事になりました。

カタリナの脳内会議もだらけきっており、「どうせ破滅するのなら束の間の休息を楽しむのもいいかもしれませんわ」とのこと。

夏休み中は破滅フラグの事をほとんどカタリナが考えていなかったことがわかってしまいました。

このシーンでのソフィアの「なんだかうーんと昔こうしてカタリナ様と過ごしたことがあったような気がします」というセリフが気になりました。

実は前世の友人のあっちゃんも転生しソフィアになっていたとかのフラグでしょうか?

ニコルの正直な告白をされましたが、彼に魅力があり天然だというところからカタリナは卒倒しながらもニコルが好きな誰かも必ず落ちると考えただけでした。

カタリナ鈍感すぎます。

アランの演奏会

夏休み中にアランの演奏会が行われました。

アランの「愛しい君に捧ぐ」という曲名を聞き、カタリナは「では好きな人を想って演奏されたのですね」と聞き返していましたが、自分のことだと気づかない様子です。

メアリがアランの恋心を自覚させないように仕向けていたことが発覚。

また生徒会長のシリウスと婚約をしていないという話になり、カタリナが「もしかして誰か気になる方がいらっしゃるとか?」と会長フラグをたててしまいました。

カタリナハーレム増えるのか…。

元々カタリナの下についていた他の悪役令嬢たちがカタリナに手を出してきそうな雰囲気がありました。

カタリナ宿題手つかず

夏休み最終日、カタリナは宿題が手つかず状態で、キースに泣きつきます。

結局徹夜をすることになってしまいましたが、前世の夢をみることに。

あっちゃんからの『FORTUNE LOVER』の話題ですごく大変なルートがあってねという話が気になりました。

その大変なルートにカタリナは入ってしまっているのではないでしょうか?

グランドエンディング的なやつでしょうか?

カタリナ農場第5回

【2020年6月末まで期間限定配信】【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】カタリナ農場#05 特別編

今回のカタリナ農場はカタリナ役の内田真礼さんが登場しました。

土おじさんの事を「ずっと映像で見ていたんですけど、あまりにも怪しくて怖いです」と内田さんが言っていました。

CM内で次回予告がありませんでしたが、次は畑がどうなっているのか気になりますね。

 

第6話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました