ひぐらしのなく頃に 業 第18話 郷壊し編 其の壱 あらすじと感想「視聴者置き去り!?郷壊し編スタート!」

第18話「郷壊し編 其の壱」あらすじ

昭和五十八年、六月。

ひぐらしのなく声は、いつしか聞こえてくる祭囃しの音にかき消され、終わらない慟哭は勝利の歓喜へと変わっていく。

そして刻は、昭和五十九年の六月へ──。

出典:TVアニメ「ひぐらしのなく頃に 業」公式サイト より

昭和五八年、六月。仲間たちの絆の力によって繰り返され続けていた惨劇は終わりを告げた。黒幕の鷹野は富竹によって感染者として保護され、入江機関に送られることとなった。事件は梨花たちの手を離れ、陰謀などの後処理は大人たちが解決してくれるだろう。それから1年の月日が流れた。梨花や沙都子も魅音から制服を用意され、雛見沢分校へ通い続けていた。近頃梨花は夜中に何やら調べ事をしているらしい。沙都子にそれを指摘されるが、梨花はまだ話せないと答えた。分校では魅音が卒業し、圭一が委員長に就任していた。魅音は興宮にある学校に通っている。近くにあるのだからいつでも会えると思っていたが、魅音はゲーム文化研究会という部活を立ち上げ忙しくしている様子で、なかなか会えない。レナは雛見沢分校が特別で、生徒数が少ないためこれまでクラスが分かれてしまったりして疎遠になったことがないからだと言う。圭一は部活の部長にも就任しており、魅音が作った部活の文化を引き継いでいこうと思っていた。その日はクラスメイトに呼びかけて神経衰弱を行った。沙都子に新品のトランプを使用していることにイカサマができないと突っ込まれるが、圭一は新しい会則としてイカサマを禁じていた。神経衰弱では沙都子は1枚もとることができず、最下位をとってしまった。その日の部活は梨花が奉納演武の練習があるという言い訳をして沙都子と共に先に帰ることにした。帰り道で沙都子に指摘され、魅音がいなくなった今の部活は物足りなさがあることを話した。クラスメイトが部活へ参加できることは良いことだだが、部活が変っていくことは仕方がないと思いつつももの悲しさがあった。別の日に入江診療所へ沙都子の定期健診に訪れた。沙都子の検査結果を入江から聞くと沙都子の雛見沢症候群は完治しているという。その結果に沙都子は喜び、梨花は驚いた。入江が昔完全に治すことはできないと言っていたからだ。そのことを入江に聞くと1年前から病気の原因に変化があったのかもしれないという。そして村中の感染者も回復傾向にあるという。夜に梨花はお魎と公由に会い、御三家で相談を行っていた。梨花は今年の綿流しの日にダム戦争の終結を宣言とお社様の祟りの否定をして欲しいとお願いした。公由は賛成し、お魎はそっけなく勝手にすればいいと答えただけだった。綿流し当日、梨花の奉納演武も何の問題もなく終了した。その後舞台にお魎と公由が現れ、御三家によってダム戦争の終結の宣言とお社様の祟りはないことが村人たちに伝えられた。雛見沢は村ごと新しく変化しようとしていたのだ。それからしばらくして梨花は学校からの帰り道に沙都子を買い物に誘う。沙都子はいつもの夕飯の買い出しと勘違いしたが、梨花が誘ったのは興宮にある書店だった。梨花は沙都子に聖ルチーア学園の受験用問題集を渡し、梨花には夢があり沙都子と一緒に叶えたいと言うのだった。

感想「視聴者置き去り!?郷壊し編スタート!」

郷壊し編スタート

18話から郷壊し編に入りました

17話のラストで銃を突きつけた沙都子のシーンがあのあとどうなったのかとても気になりますが、18話からはどうやら旧作のアフターストーリーが描かれるようです。

18話を視聴してみて最初から、前の話どうなったのと混乱しましたが、郷壊し編の後半か次の編にて17話の続きの展開が描かれることを期待しています。

1年で成長しすぎでは?

18話の物語は惨劇が繰り返された昭和58年の6月から1年後が舞台となっています。

梨花や沙都子が制服となり成長した姿になっていたので、数年後だと思っていたのですが、雛見沢分校に登校した際には圭一やレナがいて、1年後だったと判明しました。

2人が成長しすぎですよね。

圭一やレナなんかにも変化が欲しかったなとも思ってしまいます。

またこれまで物語にかかせない存在だった魅音は進学のため、不在ということになっています。

沙都子が感じていたように魅音がいないとなんか物足りないですね。

「さとこわし」

今回から描かれる物語は「郷壊し編」とされていますが、文字通り雛見沢の風習や文化が変っていく話となると予想しています。

また17話のことを踏まえつつ、文字ると沙都子を壊すという捉え方もできますので、どうして沙都子が女王感染者となってしまったのかという理由も描かれるのではと考えています

18話本編で沙都子が神経衰弱が苦手=記憶力があまり良くないことが描かれていました。

おおよそ梨花が聖ルチーア学園に沙都子と一緒に進学を希望したが、沙都子は受験に失敗し梨花と離れ離れになってしまったなんて展開ではとも予想しています。

イカサマも使わないと鈍ると言っていたので、沙都子が受験当日カンニングをしようとして発覚してしまうなんてこともありそうですよね。

 

第18話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました