ひぐらしのなく頃に 卒 第4話 綿明し編 其の壱 あらすじと感想「綿明し編スタート!SSR鉄平って何!?」

第4話「綿明し編 其の壱」あらすじ

惨劇を回避するために圭一の背中を押したつもりでいた梨花は、圭一とレナが殺し合ったことを知り、絶望する。

それでも、惨劇の起こらない世界を信じて、梨花は前を向く。

出典:TVアニメ「ひぐらしのなく頃に 卒」公式サイト より

梨花は命を絶つ前の記憶を失い、圭一が症候群を発症したと思い込み、次の可能性にかけて別の欠片へと向かう。そんな梨花の様子を見ていた沙都子はほくそ笑む。自分が引き起こした惨劇はレナが犯人で、梨花は鷹野が元凶だと思い込んでいるからだ。何度目かの6月5日、朝食を作っていた沙都子に梨花がおはようと声をかける。梨花が自殺するとき包丁を使っていたことで自分も首に違和感を感じていたことから、沙都子はやり直すときにもっと楽な方法を使いたいと思い、鉄平の元へ向かった。訪ねてきた沙都子に対して鉄平は以前見たように沙都子に優しい叔父となっていた。沙都子はお願いがあると言って、競馬に鉄平に競馬に連れて行ってもらい、万馬券を買わせ大きな賞金を得た。それから鉄平の家に戻り、沙都子は鉄平の部屋を綺麗に掃除してから鉄平が賞金を半分以上受け取って欲しいと言い始めた。しかし沙都子は必要な分だけでいいと言って鉄平に祝杯をあげようと酒を勧める。医者に止められていると言う鉄平だったが、1本だけならという沙都子の言葉に勝てず、ベロベロに酔うまで飲んでしまった。酔った鉄平に沙都子は悪い友人との付き合いを断って欲しいと言いながら、鉄平から銃を売ってくれる相手を特定した。鉄平が酔いつぶれた後、沙都子は手に入れたお金を持って取引に向かう。相手は最初沙都子が子供だったことや、正体を隠し子供を取引に向かわせたことから信用を問う。しかし沙都子が見せたお金に目がくらみ、取引相手は簡単に沙都子に銃を渡すのだった。使い方のレクチャーは別料金だと取引相手が言うが、沙都子は別の欠片で魅音からモデルガンで銃の使い方を教わり、時間をかけて射撃の練習を繰り返していた。男の前で手慣れた様子で弾丸を装填してみせた。6月12日の朝に部活の召集の電話がかかってきた。場所は興宮のおもちゃ屋で今回は大規模な催しとなるらしい。おもちゃ屋には大勢の人が集まっていた。部活のメンバーはそれぞれの机に別れゲーム大会に参加することとなった。沙都子のゲームは神経衰弱だ。もう何度目かわからないくらいこのシチュエーションを繰り返している沙都子は既にトランプの位置を覚えてしまっていた。沙都子の1ターン目で勝負は終わった。そこへゲームを終えた魅音が近づきさすがだと声をかける。それに沙都子は応じ魅音を店の外の自販機に誘った。魅音が症候群を発症する欠片がないことに沙都子は気づいていた。そのことをエウアに問うと園崎家の時期当主としての責任感が心を不安な状態へとさせないようにしているのではと推測した。沙都子はそんな魅音が症候群を発症したらどんな惨劇になるだろうと暗い笑顔をみせる。今回の沙都子の標的は魅音だった。彼女が自販機でジュースを選ぶ後ろから沙都子は魅音にH173 を投与したのだった。その後解散となりゲーム大会が盛況だったお礼を部活のメンバーはもらった。圭一も可愛い着せ替え人形をもらうが、それを自分には似合わないと言って魅音にあげることにした。恥ずかしながら受け取るその人形を受け取ったのだった。

感想「綿明し編スタート!SSR鉄平って何!?」

綿騙し編のおさらい

鬼明し編でわかったように『ひぐらしのなく頃に卒』の内容は業で描かれた惨劇の真相がわかる回答編となっています。

4話からは綿明し編が始まったということで、綿騙し編の内容をおさらいしておきます。

綿騙し編は魅音の妹の詩音が登場し、圭一と共に祭具殿の中に侵入してしまうというお話です。

村の禁忌を犯した圭一は自分がとんでもないことをしでかしたと自覚し、魅音に自分が祭具殿に入ったことを告白し、園崎家のセーフルームに軟禁されてしまい、その間に惨劇が起きてしまうというものでした。

別記事にて感想や考察をしていますので、詳しくは『ひぐらしのなく頃に 業 第8話 綿流し編其の四 あらすじと感想「綿騙し編完結!旧作と全く違った展開に!」』をご覧ください。

ひぐらしのなく頃に 業 第8話 綿流し編其の四 あらすじと感想「綿騙し編完結!旧作と全く違った展開に!」
第8話「綿騙し編 其の四」あらすじ 祭具殿に入ってしまったことを後悔する圭一は、鷹野や富竹のように自分も鬼隠しに遭うのではないかと怯える。 そんな中、村長に続いて新たな行方不明者が出てしまう。 出典:TVアニメ「ひぐらしのなく...

発症したのは魅音か詩音か

綿明し編での見どころはラストの圭一がセーフルームに軟禁されてから何が起こったのかという真相と沙都子がH173 を注射したのは魅音なのか詩音なのかというところです。

ラストの展開は圭一が軟禁し頭を強く打ってから意識が飛び、病院で目を覚ましたころにはすべてが終わっていました。

園崎家に何が起こっていたのか、梨花が途中でいなくなった理由なんかもわかると思います。

綿明し編では詩音が魅音と度々入れ替わりを行っており、4話で人形をもらい沙都子に注射をされたのは本当に魅音だったのか?と考えてしまいます。

ガチ考察勢ならどっちだったのかわかっていると思いますが、綿明かし編で詩音がいつ魅音と入れ替わっているのかも明かされるのではと思っています。

今のところ沙都子が間違えて詩音にH173 を投与したのではと考察しています。

SSR鉄平

4話放送終了後に沙都子に優しい鉄平の姿が再び描かれたことや競馬のシーンが描かれたことから「SSR鉄平」というワードがTwitterにてトレンド入りしていました。

本編では沙都子に銃を入手するために利用されてしまった鉄平ですが、沙都子に優しい鉄平がいる世界線を引くのはSSRくらいレアだと話題になったということですね。

またひぐらしのなく頃にの原作のお疲れ様会にて鉄平が今度は沙都子と仲良しのシナリオがいいと言っていたことも指摘されており、アニメでは原作からのひぐらしファンにも嬉しい演出があったということでした。

 

第4話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました