【アニメ】約束のネバーランド Season2 第10話 あらすじと感想「イザベラが味方に!ラートリーの結んだ約束の真相は?」

第10話「EPISODE10」あらすじ

気球を使い、上空から農園に侵入する作戦を漏らすヴィンセント。その報告をうけピーターも農園の警備を変更、来たる脱走者たちの侵入に備える。しかし、ヴィンセントの裏切りもエマたちの作戦の一つで、気球を陽動につかい、農園への侵入作戦を開始する。

一方ハウスでは食用児たちの出荷作業が進み、フィルは既に門へ到着していた。そこへジェミマが現れ、エマの伝言を受け取る。エマはハウスの子どもたちに合図を送り、シスターから子どもたちを引き離すことに成功。ハウスの子どもたちと合流し、みんなで人間の世界へ通ずるエレベータに乗り込むが、グランマとなったイザベラ率いる武装した大勢のシスターとピーターに行く手を阻まれる。

TVアニメ「約束のネバーランド」公式サイトより

 ピーターは子供たちに農園の救出が失敗したことを告げる。動こうとした子供たちへシスターから迷いなく牽制の銃弾が飛ぶ。絶望的な状況に諦めないというエマの言葉を聞いて、イザベラが動き始めた。ピーターへ銃を向け、シスター全員が味方となった。イザベラもまたこの襲撃を利用し農園のシステムを壊す計画を練っていたのだ。子供たちのシステムジャックに乗じて胸のチップも無効化していた。イゼベラに銃を向けられチェックメイトという言葉を聞いて、ピーターは鬼の増援が向かっていることを告げる。通信で本部にいる鬼からもまもなく到着するという連絡があった。しかし外ではムジカによって邪血となった鬼たちが農園を取り囲み、農園の支配を終わらせるため一揆をおこした。造園は押し寄せた民衆によって足止めをくらい、農園本部もソンジュによって制圧された。ピーターたちの元へヴィルクとムジカが現れ、民衆たちに食用児たちが必要ないことを告げる。わずかな農園からの食糧供給に頼り、家族を退化の苦しみにさらして生きることを拒否し、農園へ反抗をしたのだ。完全に立場が逆転しピーターはその場に崩れ落ちる。ピーターはラートリー一族が結んだ1000年の約束を守らなければ平和は手に入れられないと嘆く。そんな彼にエマは歩みより一緒に生きようと手を差し伸べるのだった。

 感想「イザベラが味方に!ラートリーの結んだ約束の真相は?」

やっぱりヴィンセントは裏切らなかった

9話のラストシーンはヴィンセントがGFへ連絡をとり情報を売るというものでした。

ヴィンセントが裏切るのか、それとも攪乱作戦かと10話に期待していましたが、やはりヴィンセントの情報提供は誤情報を流す作戦だったようです。

もう少し演出で焦らすのかと思いきやあっさり横にノーマンが映っていましたね。

ノーマンの頭脳とヴィンセントの工作活動をもってしてもエマたちだけでは農園本部を突破することはできませんでしたが…。

まさかのイザベラが味方に

イザベラが刺客として解放されてから彼女は10話になるまで特に描写はされてきませんでした。

しかし10話にてピーターによって手詰まりとなった状況でイザベラが動き始め、エマたちの味方に着きました。

ご都合展開は約ネバにあるあるですが、まさかイザベラが味方になるとは驚きです。

これまで水面下で農園に反感を持つシスターたちを仲間に引き入れ、計画を練っていたということになります。

2期になっても強敵だと思っていましたが、イザベラはもう敵として見なくても良いようです。

ラートリー家が結んだ1000年の約束

ピーターは人間の立場にあるのに門番という鬼側の高い地位にあることが疑問でした。

10話内でピーターの「ラートリー一族が結んだ1000年の約束を守らなければ」というセリフからラートリー家が約束の始まりだったと推測できます。

しかしラートリー家の血筋のミネルヴァは農園組織に反抗していたことを考えると、約束の真相が気になりますね。

残りの話数の中でラートリー家が結んだ約束の真相やミネルヴァがどうしてラジスタンスのような活動をすることになったのか明かされることに期待しています。

 

第10話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました