Re:ゼロから始まる異世界生活 2nd season 39話 あらすじと感想「スバルの死に戻り縛り!最後のループ宣言をする!」

第39話「STRAIGHT BET」あらすじ

聖域に降りかかる惨劇、そしてロズワールの屋敷やアーラム村を狙うエルザたち。次から次へと襲い来る脅威の全てが残酷に仕組まれた罠であることを告げられたスバルは、どうしようもない八方塞がりな状況に絶望してしまう。そんなとき事態を打破する方法を思いつくことのできないまま自問自答を続けるスバルの前にオットーが現れ、スバルを殴りつける。様々な想いが込められたオットーの拳を受けて、スバルはまた希望を取り戻す。

出典:TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイトより

オットーに頼ると決めてからスバルの決断は早かった。これまでの失敗から大切な人たちを危険から遠ざけようとし、1人で全てを解決しようとしていた。しかし彼に頼れと言われ、スバルは仲間たちに頼る決断をする。そして決裂したばかりのロズワールの元へ出向き、賭けを提案する。スバルが勝てば、この問題が片付いた後に辺境伯を協力者として陣営に迎え入れる。辺境伯が勝てばスバルを言いなりにできる。スバルは唯一の権能である死に戻りを封じ、今回のループを最後にすると辺境伯に言うのだった。辺境伯はスバルの賭けに、のることにした。辺境伯は屋敷と聖域の雪は3日後だ去るスバルに告げる。それからスバルはリューズの元へ向かう。彼女に協力を求めるためにやってきたが会話中で、聖域の解放に反対していたのは4人の最初の個体の中のシーマだったことが判明する。それに加えガーフィールがかつて試練に挑んだことや、それを助けるためにシーマが墓所に入り、監督者の役割から外されたこともわかった。シーマだけが特殊な個体となり、ガーフが試練に挑む理由を知っているとアルマから聞かされるのだった。それからスバルはエミリアの元へ向かう。これまで避けてきた彼女の過去に触れる決断を下したんのだ。彼女に試練の内容を聞くと、試練は子供の頃の事だと話し始める。彼女が育った森で家族や村の人々は氷像となってしまっていた。辺境伯に王座についたなら氷を解かせると言われ、彼女は王選に出たのだった。スバルの質問に答えているうちに母のことを彼女は思い出す。何故これまで思い出せなかったのか。何故急に口をついて出てきたのか疑問に思いながら涙するのだった。スバルと話しているうちに彼女は安心したのか眠ってしまった。そしてスバルは眠るエミリアの首に手を伸ばし、絞めようとする。スバルの予想通り、触れる前に手が凍り、パックが邪魔をしてきたのだった。これまで一度も姿を現さなかった大精霊はスバルに呼び出してくれたことにお礼を言うのだった。エミリアが目を覚ますと夕暮れ時だった。そこへパックから声がかかり驚く。そんな彼女へパックは一方的に契約を破棄することを告げて消えてしまうのだった。それからショックで彼女は倒れ、その日の試練は見送られることとなった。夜エミリアの元へスバルは訪れていた。パックがいなくなってしまったことで不安定になった彼女の力になるためだった。彼女は朝までスバルに手を握っていて欲しいと言う。スバルはそれに応じて、約束をする。しばらくしてエミリアが目を覚ますとスバルの姿はなかった。そんなスバルへ嘘つきと独り言を言うのだった。朝になり、エミリアが行方不明になったことで聖域は大騒ぎとなった。ガーフはそれをラムから教えられ、シーマを非難させようとするが、いつもの小屋にシーマの姿はなかった。シーマを探し遺跡に移動したガーフィールだったが、そこにもシーマの姿はなかった。しかし遺跡にてオットーから声がかけられる。本当はこの場所で交渉をする予定だったが、スバルはエミリアを探すために手が離せないため、しばらく代役をオットーが務めると言う。エミリアは墓所の付近で1人座り込んでいた。そこへスバルがやってきて声をかける。そしてエミリアの隣に腰を下ろし優しく話をしようかと言うのだった。

感想「スバルの死に戻り縛り!最後のループ宣言をする!」

スバルの死に戻り縛り

リゼロ 2期が再開しました。

続きが始まったと嬉しい気持ちですが、最初の物語からいきなりクライマックスです。

39話ではスバルがロズワールと賭けをしたことで、これが最後のループとなりました

このループではスバルは死に戻りを使えず、誰も死なせず、聖域と屋敷両方を攻略しなければなりません。

この状態のスバルってかなり無能で、役に立たなさそうですが、原作小説を読むとスバルの内面が吹っ切れていて、安定しているんですよね。

これまで経験したループの中でオットーとレムを頼ったものもありましたが、失敗に終わっています。

仲間に頼るだけではダメで、エミリア自身の力や屋敷にいるベアトリスなどスバルの関わった全ての人を頼る必要があります。

一番の課題は誰が屋敷のエルザを相手にするかですね。

エミリアが試練に失敗した理由

エミリアが試練に失敗し続けていた理由の1つに、パックが記憶を制限していたことが39話で明かされました

エミリアにとってとにかく過保護な大精霊のパックですが、今回はそれがマイナスに働いていたようです。

スバルがパックの存在に気づき、パックと何かの取引を行ったことで、パックが契約を破棄し、エミリアが再び不安定な状態になってしまいました。

行方をくらましたエミリアを皆で探すという事態にまで発展し、この事はスバルたちにも予想外だったようで、計画が遅れてしまいます。

スバルは散々エミリアとの約束を破り続けていますが、エミリアの心の支えになれるのかが気になるところですね。

エミリアの試練内容

39話を視聴していて、エミリアの試練内容が大幅にカットされるのではと思っています

原作小説では今後エミリアの試練の内容が描かれ、幼少期に起きた事件が描かれます。

しかし映画『氷結の絆』があるため、もしかしたらそちらで補完できることはカットされるのではと思ってしまった訳です。

映画のほうはその後の物語ですので、杞憂に終わりそうですが、よくよく考えると最後のこのループはかなり長くなりそうですね。

 

第39話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました