ヴィルヘルムの経歴とテレシアとの馴れ初めまとめネタバレなし【リゼロ新編集版】Re:ゼロから始める異世界生活

リゼロではその章でフォーカスされる登場人物のタイトルが付く話があります。

今回は、ヴィルヘルム・ヴァン・アストレアにフォーカスされる回ではヴィルヘルムと妻であるテレシアの馴れ初めについて語られます。

という事で、ヴィルヘルムの経歴やテレシアとの馴れ初めなど調べてみたいと思います。

ヴィルヘルムとテレシアに関しては5章でも再び焦点が当たるのですが、今回は5章で分かることはネタバレしないように抱えていただきます。

ヴィルヘルムのプロフィール

  • 名前:ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア
  • 誕生日:5月7日
  • 年齢:61歳
  • 身長:178cm
  • 体重:80kg

現在は王選候補者クルシュ・カルステン公爵に仕える執事だが、過去近衛騎士段団長を務めた「剣鬼」と呼ばれた剣の達人。

また先代剣聖テレシア・ヴァン・アストレアの夫になります。

スバルが敬意を込めてほぼ唯一といっていい敬語を使う相手でヴィルヘルムさんと呼んでおります。フェリスは「ヴィル爺」という愛称で呼んでおります。

かつて加護無し魔法なしの身でありながら自身の身体能力と剣の技能だけで、剣聖の加護を持つ、先代剣聖のテレシアとの一騎打ちに勝つという化け物です。

普段は物腰柔らかいふるまいの穏やかな紳士ですが、戦いになると「剣鬼」という二つ名がふさわしい狂気ともいえる戦いをします。

また妻のことを尋ねると、聴いた方が恥ずかしくなるような惚気を平気で言う愛妻家でもあります。

スポンサーリンク

ヴィルヘルムの経歴

ヴィルヘルムはルグニカの地方貴族のトリアス家の三男で旧姓はヴィルヘルム・トリアスと言います。

八歳の時に剣を始め14歳の頃には領地内にはかなう相手はいなくなっておりました。

そして、都に行って王国軍の騎士になると家を飛び出し王国軍に入隊します。

折しも後に亜人戦争と呼ばれる戦時中にヴィルヘルムは頭角を現し、相手を斬ることにより、自分の方が強者であると証明する事にのみ喜びを得て、いつしか笑いながら人を斬り「剣鬼」呼ばれおそれられるようになります。

それは嫌悪され、数々の武勲をあげながらも、騎士になることはできませんでした。

テレシアとの出会い

そして、休日になるとヴィルヘルムは開発区で剣の素振りをするのが日課となりました。

ある日いつもの場所に向かうとそこに赤髪の少女がおり、剣気を当てて追い払おうとしますが、受け流され剣気を知らない素人だろうと考えます。

少女は開発区に花の種をまいており、それを見に来たといいます。

そうして、度々少女と会うようになり、三か月後に「テレシア」という名前だと知ります。

テレシアは何度となく「どうして、剣を振るの?」との問いで、ヴィルヘルムは兄たちを守りたいというおもいから剣をとったことを思い出し、これまで敵の息の根を止める単独行動であったのが、味方の援護にまわるなど周囲に気を配るようになります。

そういった事で、周囲の見る目も変わり叙勲の話が出て、騎士となります。そして、守りたいものの中にはいつしかテレシアも入るようになります。

テレシアとの別れ

あるとき実家のトリアス家の領地が戦地となりヴィルヘルムは命令が無いにもかかわらず、領地に向かいます。

しかし、領地はほぼ敵の進行で半分以上略奪されたあとでした。

援軍もなく味方の戦力が脆弱な中戦い続けるヴィルヘルムですが、とうとう力尽き亜人に切り殺される死を覚悟したその時に、テレシアに助けられます。

テレシアが剣聖であることを知ったヴィルヘルムは開発区に行き、力任せに剣を振りますが、剣聖であるテレシアは指二本でとめるなど力の差を見せつけます。

そしてテレシアは誰かを守るために剣を振ると言います。そしてもう開放区にはこないと言い去っていきました。

ヴィルヘルムは元々剣を振るつもりが無かったテレシアに、自分が剣を振る理由をあたえてしまったと自責の念に駆られます。

そして、必ずテレシアから剣を奪うと誓います。

ヴィルヘルムとテレシアとの一騎打ち

テレシアの参戦もあり、内戦は2年後に集結します。

そして、テレシアが参列していた戦争終結の式典の最中にヴィルヘルムは現れます。

騎士たちが止めようとしますが、壇上の王はそれを止めたことで、テレシアとヴィルヘルムの一騎打ちが始まります。

そして、加護無し魔法無しにもかかわらず純粋な剣の腕のみでヴィルヘルムの剣がテレシアの剣を折り勝負が決します。

ヴィルヘルムは「俺より弱いお前に、剣を持つ理由はない」「花でも愛でながら俺の後ろにいればいい」といいます。

そして、「どうして、剣を振るの?」という問いに「お前を守るために」と答えます。

そして、キスをし、テレシアが「私の事愛してる?」との問いに「--わかれ」といいはぐらかします。

テレシアは言葉にしてほしいと言いますが、ヴィルヘルムは「いつか、気が向いた時にな」といい恥ずかしさを言葉で濁しました。

というのが馴れ初めになります。

テレシアは死んだのか?

ここで疑問に思う事があると思います。

テレシアは白鯨に殺されたのになぜ記憶があるのか?

これに関しましては、白鯨に殺されたわけではないというのが予想がつくと思います。

白鯨戦で何が起きたかは5章にて回収されますので、今回はここまでとさせていただきます。

またヴィルヘルムとテレシアの物語に関しましてはスピンオフとして小説や漫画も発売されております。

長月 達平 (著), 大塚 真一郎 (イラスト)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

アニメ版各話や他のキャラクターの解説などはこちらにまとめさせていただいております。

【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活まとめ
【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活新編集版まとめ 各話の2016年版と新編集版の違いや感想などを書かせていただいております。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました