整合騎士の一覧まとめ(アニメ登場キャラのみネタバレ無し)SAOソードアートオンラインアリシゼーションWOU

2020年4月から放送されていたソードアート・オンラインシリーズのアリシゼーション編の後編、原作小説では『アンダーワールド大戦』と表されている物語の13話から放送されます。

『ソードアート・オンライン―アリシゼーション―』で描かれたキリトがアドミニストレータを倒したその後が描かれていますが、キリトは廃人状態となっており、活躍するのは主に整合騎士となります。

という事で、アリシゼーション編の続きだからと思ってしまいますが、内容も副題の通り人界と暗黒界(ダークテリトリー)がぶつかり合う大戦が描かれています。

その為味方として整合騎士が多数登場いたしますが、いきなり登場する人物もいたりで、アニメで初見の方には若干つらい内容となっております。

という事で、『ソードアート・オンライン ―アリシゼーション―War of Underworld』を原作小説未読者の方向けにアニメに出てくる整合騎士を一覧としてまとめてみました。

整合騎士とは?

整合騎士とは公理協会に所属する騎士になります。アンダーワールドでは剣士の頂点に位置する存在で、全帝国から集められ、龍を駆り禁忌目録に違反したものの取り締まりやダークテリトリーの亜人と戦う事が仕事になります。

彼らは最高司祭アドミニストレーターにより、天界より召喚されたため召喚前の記憶がないと教えられておりました。

しかし、その正体はアドミニストレーターの禁術「シンセサイズの秘儀」で記憶を消された人間です。

『ソードアート・オンライン ―アリシゼーション―』ではキリトとユージオの前に立ちはだかった強敵の整合騎士たちですが、『ソードアート・オンライン ―アリシゼーション―War of Underworld』で描かれる人界と暗黒界の大戦では大きな戦力の仲間として描かれています。

アニメに登場する整合騎士の一覧まとめ

ここでは「ソードアート・オンライン ―アリシゼーション―War of Underworld」に登場する整合騎士について書かせていただきます。

アニメに登場した整合騎士のみに絞らせていただいております。

ベルクーリ・シンセサス・ワン

人界守備軍5000人の総指揮をとり陣形の中央に陣をしくベルクーリ・シンセサス・ワン。

『ソードアート・オンライン ―アリシゼーション―』ではユージオと死闘を繰り広げましたが、アンダーワールド大戦では人界最大の戦力として君臨します。

またキリトの復活が間に合わず皇帝ベクタと初めて相対したときに、これまでに見せなかった『時穿剣』の裏を使います。

ベルクーリが普段使う『時穿剣・空斬』は斬撃の軌道に威力のみが残り、そこを触れた対象を斬るという未来を斬る能力を持っていますが、『時穿剣・裏斬』はシステムログに干渉し10分前の位置情報を現在のものと誤認させ、過去を斬るという絶対不可避・防御不能の技です。

スポンサーリンク

ファナティオ・シンセサス・ツー

人界守備軍副長を務め、前方第一部隊の中央に陣をしくファナティオ・シンセサス・ツー。

守備軍が6つの大隊に分けられ、各整合騎士が指揮をとるという陣形を人界守備軍はとっていますが、前方中央にファナティオが陣取っているため、開戦後しばらくは彼女が人界守備軍の指揮をとっています。

1対1の戦いの経験したない整合騎士たちですが、このアンダーワールド大戦においてそれぞれが応用を行い1対多数の戦いを繰り広げます。

ファナティオは光の光線を発射する『天穿剣』をスナイパーライフルのように構え、敵軍の対象を狙い討ち敵の目的を自分に引き付ける作戦を決行します。

また自分が女性であることを恥じ、鎧で顔を覆っていましたが、アンダーワールド大戦では最初から頭部の鎧を着用せずに戦いに挑んでいます。

エルドリエ・シンセシス・サーティワン

前方第一部隊左翼を任されたエルドリエ・シンセシス・サーティワン。

分裂する鞭《霜鱗鞭》を操り、アリスの「そなたが支えてくれたから、私は険しい道を今日まで歩き続けることができました。ありがとう、エルドリエ」という感謝の気持ちに応えるべく心意が高まったが、開戦後攻めてきた山ゴブリンによる煙幕攻撃に気持ちが空回りし、立ち竦んでしまいます。

デュソルバード・シンセシス・セブン

前方第一部隊の右翼に展開するデュソルバード・シンセシス・セブン。

公理教会の体制が崩壊後、時折思い出す秘儀を受ける前の思い出の言葉や自分の左手に嵌まる薬指の指輪に思いを馳せ、既に声の主の天命が尽きていることを悟り涙を流しました。

声の主と共に暮らした世界を守るために、神器『熾焔弓』を操り開戦後しばらく続いたゴブリンたちの突撃を阻止します。

レンリ・シンセシス・トゥエニセブン

アンダーワールド大戦で初登場する整合騎士。

かつて人界防衛の任を志願した7人の上位騎士の1人で、後方第2部隊の左翼を任されているレンリ・シンセシス・トゥエニセブン。

しかし開戦後怖気づいて自分の任された陣地を放棄し、物資備蓄用天幕で膝を抱えて震えていました。

2枚1対の双刃の神器『雙翼刃』を1度しか発動することができず、アドミニストレータに「失敗作」と呼ばれ、特に整合騎士として実績を上げる前に凍結されていました。

更に凍結処置から目を覚ましたときもアドミニストレータが討たれ、公理教会が耐性を維持できなくなった時でレンリにとってはアンダーワールド大戦が初陣となります。

自分に任された陣地を放棄し後衛に逃げてきてしまっていたため、大戦中動けないキリトの護衛に加わり、成長していく若い騎士です。

シェータ・シンセシス・トゥエルブ

後方第二部隊右翼を任されたシェータ・シンセシス・トゥエルブ。

アンダーワールド大戦で初登場。整合騎士として高い志と正義の心を持っているが心の内に「何もかもを斬りたい」という衝動をはらんでいます。

操る神器は『黒百合の剣』という薄刃の「何でも切れる剣」です。陣形が崩壊し戦いが混乱状態になってから、彼女は暗黒界の拳闘士の決して斬れないという心意と相対することになります。

アリス・シンセシス・サーティ

アリシゼーション編のヒロインであり、キリトとユージオの幼馴染です。

幼いころキリトとユージオと共に氷を取りに行ったところで、ダークテリトリーに侵入するという禁忌を犯し捕縛されます。

整合騎士アリス・シンセシス・サーティになってからはベルクーリに師事しキリトを圧倒するほどの力を手に入れております。

セントラル・カセドラルでキリトと対峙した時に自分の正体を知りアドミニストレーターに反旗を翻しキリトと戦います。

その後ユージオを亡くしたショック~心身喪失状態のキリトの世話をしておりましたが、アンダーワールド大戦に参加します。

彼女の強さは女児する金木犀の剣にあります。刀身が黄金の花に変わり広範囲攻撃ができる為、近距離だけでなく中長距離も対応できることが強みになります。

ロニエとティーゼ

キリトとユージオが通っていた修練士学院傍付の後輩であるロニエとティーゼも整合騎士ではありませんが、見習い騎士として陣営再後衛で心身喪失状態のキリトの護衛として登場します。

最後に

今回はアニメ「ソード・アート・オンライン-アリシゼーションWar of Underworld」を視聴する原作小説未読の方に向けてアニメに登場する整合騎士をまとめさせていただきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました