【2021年版アニメ】SHAMAN KING 第3話 あらすじと感想「道潤登場!まん太どうやって木刀の竜に勝ったの!?」

第3廻「アンナと道潤」あらすじ

蓮との激戦の末、怪我を負った葉のもとに現れたのは、葉の許嫁である恐山アンナだった。アンナはシャーマンの王を決める「シャーマンファイト」が間もなく開催されることを告げる。それから数日後、葉たちの前に、キョンシーである李白竜を連れた女性・道 潤が現れ、弟である蓮の為に阿弥陀丸を奪おうと戦いを挑まれる…!

出典:TVアニメ『SHAMAN KING』公式サイト より

アンナによって葉は過酷な特訓を受けることになった。もう1度蓮と戦ったとしても都合よく憑依100%状態に至れる保証はない。阿弥陀丸の力を十分に発揮するために葉自信の筋力や持久力の強化が必要だった。唯一学校での生活ではアンナの修行から逃れられると思っていた葉だったが、同じクラスにアンナが転校してきてしまい修行漬けの毎日が始まった。そんなとき3人宛てにカンフー映画の招待状が送られてきた。怪しいと思いながらも3人はリバイバル放送されたカンフースター李白竜の映画を鑑賞した。その帰り道、道潤が3人の前に立ちはだかり、葉に阿弥陀丸を渡すように言う。白竜は道家によって殺され、潤の持ち霊になっていた。潤の要求を拒否した葉にキョンシーとなり操られた白竜が襲い掛かる。鉄パイプを手に葉は白竜と戦うが伝説の格闘家の実力には及ばなかった。葉が白竜の攻撃を受け、粘っている際に阿弥陀丸がせめて刀のようなものがあればと漏らす。それを聞いたまん太は刀を探して商店街を走るのだった。まん太は木刀を見つけるが持っていたのは木刀の竜だった。貸してくださいとまん太は懇願するが不良たちに一蹴されてしまう。途中でまん太がキレてしまい木刀を借りることに成功した。ボロボロになったまん太から木刀を受け取った葉は阿弥陀丸の最大の奥義「阿弥陀流真空仏陀斬り」によって白竜の札を破るのだった。潤の制御がなくなり白竜は正気を取り戻すが、自分が道家によって殺されたことや導弾道を完成させられなかった無念と怒りで暴走してしまう。葉や潤の言葉は白竜には届かなかった。そこでアンナが白竜の師である沙問を口寄せし、葉に下ろした。沙問によって白竜は倒され、呪縛が解け霊魂が抜け出した。沙問に諭された白竜は成仏を選ばず、潤と共にキョンシーとして導弾道を極めるという目標を追うことにするのだった。

感想「道潤登場!まん太どうやって木刀の竜に勝ったの!?」

連続バトル展開

アンナが修行をつけるということになったので、修行回のようなものが1度挟まるのかなと思ってしまいましたが、道潤との戦いが描かれ連続のバトル展開となりました。

正直シャーマンキングはぼんやりとは覚えているのですが、細かいところはもう忘れてしまっているんですよね。

だからこそ道潤が登場したときに「あぁ蓮にお姉ちゃんいたなー」などと懐かしく思ったりしたのですが…。

ちょっと調べてみたところSHAMANKINGは旧作のテレビ放送と同じ感じで進んでいるみたいです。

いろんな人と出会いながらこのままシャーマンファイト予選へ繋がる展開となりそうです。

刀のようなものがあれば…

阿弥陀丸が白竜との戦闘中に「せめて刀のようなものがあれば」と言っていましたが、蓮にもう一度襲われることを想定して修行をつけているのに武器を用意していないのはちょっとおかしいなと思ってしまいました。

木刀の竜みたいに木刀くらいは持ち歩いてもいいですよね。

白竜との戦闘でも木刀では阿弥陀丸の技1発が限界なようで、継続戦闘を想定するなら模造刀くらいは欲しいですよね。

打ち直した春雨どこいったのでしょうか?

毎回足元に鉄パイプが転がっているのもおかしな話ですが…。

木刀の竜

序盤ではやられ役の不良であまりいいところがない木刀の竜こと梅宮竜之介ですが、たしか仲間になったはずです。

しかもたしか葉を旦那、アンナを女将と呼んでかなり情の熱い存在だったはず。

その辺のエピソードも早く観たいですね。

ちなみに第3話でまん太にどうなって負けてしまったのか、すごく気になっています。

 

第3話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました