【2021年版アニメ】SHAMAN KING 第6話 あらすじと感想「予選でまずは1勝!そろそろバトルじゃない展開がみたい」

第6廻「葉VSホロホロ!」あらすじ

シャーマンファイトの参加資格を獲得した葉の元に、最初の対戦相手の情報が送られてきた。高層ビルの立ち並ぶ街中、北海道からやってきたシャーマン・ホロホロと対峙する葉。雪と氷を操るホロホロの猛攻を前に、苦戦する葉と阿弥陀丸が見つけた、わずかな勝機とは……!?

出典:TVアニメ『SHAMAN KING』公式サイト より

葉はホロホロの猛攻を交わしきり、ホロホロが言いかけた彼の夢を聞く。ホロホロの夢とは見渡す限り広大なのフキ畑を作るというものだった。コロボックルの住家を守るため、ホロホロはシャーマンキングになろうとしたいたのだ。それを聞いた葉は果たして自分が勝ってもいいのかと迷いをみせる。そして葉はシャーマンキングになってからホロホロの夢も叶えればいいという結論に至り本気の戦いが始まる。葉が本気になったことでこれまでホロホロの攻撃に防戦一方だった葉から反撃が入る。そして阿弥陀丸と共にこれまで戦ってきた経験を活かし身体に染み付いた真空仏陀斬りをオーバーソウル状態で再現してみせた。いつの間にか成長していた葉の姿にアンナも関心した。葉の一撃を受けてホロホロも全力で葉を倒そうとし全ての巫力を持って雪崩を起こす。ホロホロの起こした雪崩に飲み込まれたかに見えた葉だったが、葉は大雪崩の中をオーバーソウルを維持して突き進む。最後の一撃が叩き込まれたかに見えたが、ホロホロが巫力切れでオーバーソウルが解けていたため葉はわざと直撃を外した。葉の記念すべき1勝を祝し葉の家でパーティーが行われた。ホロホロもちゃっかり参加したが、妹のピリカが現れホテルに戻って地獄の特訓を受けることになってしまう。一方シルバたちは葉の次の対戦相手がファウストに決まったことを知り、カリムがシルバに棄権させるべきだと忠告するのだった。

感想「予選でまずは1勝!そろそろバトルじゃない展開がみたい」

バトルの連続

第6話ではシャーマンファイト東京予選の第1試合VSホロホロ戦が描かれました。

毎度誰かと葉は戦ってますね。

テンポはいいものの、必ず敵と遭遇してバトルし勝利するという一辺倒な展開が続きますが、どこかでメリハリをつけて欲しいです。

しかしシャーマンファイト予選が終わってからも本戦がありますし…と考えると修行編くらいしかバトルじゃない展開は考えられない感じになってしまいます。

6話でわかりましたが予選は勝ち抜き制みたいです。

ホロホロってどんなキャラ

6話でだいたい分かったと思いますが、ホロホロについてまとめます。

ホロホロはアイヌ出身のシャーマンで持ち霊はコロボックルのコロロ。

立ち位置的には蓮同様にシャーマンキングを目指すライバルキャラクターであり、ツッコミ役

原作漫画では本戦にて葉とチームは組まず蓮のチームに所属することになりますので、仲間というよりやはりライバルですね。

木刀の竜はいつ参戦するのか

葉の仲間として蜥蜴郎を持ち霊にシャーマンファイト本戦でふんばり温泉チームに加入する木刀の竜ですが、蜥蜴郎に憑りつかれた件から蜥蜴郎は未だ本編に出ず、竜は葉の家にいるようです。

原作を読んでいたのが連載していた時期ですので、いつくらいで木刀の竜が仲間になるエピソードが描かれるか忘れてしまったのですが、予選が終わるまでに消化しておかないと本戦に参加できません。

その辺りにも注目しておきたいですね。

次回はファウストVIII世登場!?

6話のラストにてシルバたちが葉を危険させろといっていたシーンでファウストらしき影が登場し、次回予告でも「そんな勇気」というタイトルと共にファウストの顔のアップがアイキャッチとして描かれていました。

ファウスト戦ってアンナがさくっと解決してしまい以来ファウストはふんばり温泉チームに加入ということになったと記憶していますが、SHAMANKINGではどのように描かれるのか期待しています。

 

第6話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました