進撃の巨人 The Final Season 第61話 あらすじと感想「パラディー島奪還作戦始動!ジークに疑いの目が!?」

第61話「闇夜の列車」あらすじ

4年に及んだマーレと中東連合との戦争は終結した。だが、あわやマーレの巨人2体が失われる事態は、巨人の力ですべてを支配する時代が終わりつつあることを示していた。対巨人兵器の開発を進める諸外国への後れを挽回すべく、ジーク・イェーガーはあることを軍の上層部に進言する。

出典:TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 公式サイト より

世界中の新聞がこれまで巨人の力を振るい列強国であったマーレの失墜を歌っていた。マーレ軍は諸外国と同様に巨人の力に頼らず兵器開発を行い軍備増強を急がなければならなかった。戦争の主導権を失うと嘆く元帥にジークはパラディー島での始祖の奪還作戦を進言する。ジークの任期はあと1年。1年後にはコルトへと獣の能力が引き継がれる。コルトが獣の力を全て受け継がれることができるかどうかという懸念と、父であるグリシャの罪。また1度失敗した自身の雪辱を晴らすためと元帥はジークの発言を受け取り、パラディー島での始祖奪還作戦を許可する。会議の後、エルディア人がマーレ人に意見しそれを通してみせたことでコルトがジークを賞賛した。そしてコルトはジークが歴代の獣の巨人とは違う卓越した能力について質問する。ジークはコルトの疑問にわからないと答える。冗談を言ってお茶を濁そうとしたジークだったがそこへ隊長が姿を現し、ジークに全てを話すように釘を刺す。隊長はこの1年間でパラディー島へ向かった調査船が1度も帰ってきていないことをどう思うとジークに話しを振る。ジークはエレン以外に巨人が立ち塞がっているのはと返すと隊長も同意見だと言うのだった。そして隊長はジークのパラディー島始祖奪還作戦を実行するには戦艦の支援が必要だと話す。それにジークはパラディー島を攻略するために警戒するべきは巨人だけではないと自らの経験から警告をするのだった。同じときライナーはミカサにやられてしまったときの夢を見ていた。目を覚ますとそこは兵舎の一室だった。すぐ傍にいたポルコがライナーへ声をかける。それにライナーは答え先日の戦闘での礼を述べるがポルコはそっけない態度をとるのだった。ポルコはユミルから顎の巨人の能力を継承していた。しかし9年前に鎧を継承していればこんなことにはならなかったとポルコは嘆く。そしてポルコはパラディー島でのライナーを兄の真似事だと責めるのだった。そこへピークが艦砲射撃をくらった人を責めてはいけないと制止する。ピークがライナーにガビたちが心配していたことを伝えるとライナーは退出した。2ヶ月ぶりに巨人から人間の姿に戻ったピークは疲れたと嘆く。それにポルコは久しぶりに会った気がするなと声をかけ、しばらくは休めるだろうと言うが、ピークはだといいねとだけ答えるのだった。街では巨人が戦争で役に立たなくなったら、エルディア人はどうなるのかとウドが不安を口にする。先の戦場で鎧の巨人がやられる様を目撃したことは戦士隊の皆には衝撃的なことだった。うつむくガビにファルコがライナーは大丈夫だと告げる。そして先の戦争で捕虜を護送するのを目撃する。ウドはそれを見て生き残った敵兵が祖国に帰ったらエルディア人の危険性を伝えられ立場が今まで以上に悪くなると言って、柱を踏みつけ怒る。そこへライナーが街のものに当たるなと声をかけてくるのだった。復調したライナーを見て戦士隊の皆は元気を取り戻した。ガビは故郷に戻る前に街を一緒に見て回ろうと言う。街を見に行く4人の姿に自分の過去を重ねたライナーは思わず待ってと口にしていた。取り繕うようにライナーは4人が行こうとしていた先をまだおまえたちが行くのには早いと言って別の方向へと歩きだすのだった。故郷へと帰る列車の中でコルトは酒に酔っていた。そして先の戦いで多くのエルディア人を救ったガビを賞賛する。最初は絡まれることを嫌がっていたガビだったが、コルトの演説はエルディア人の兵士たちに響き、担ぎ挙げられてしまう。大騒ぎを聞いてマーレ人兵士が黙らせてくると言って席を立つが、隊長が今宵だけだと言って目をつぶることにしたのだった。騒ぎを聞いていたライナーはファルコに声をかける。鎧の継承権を獲得するのはガビになりそうだと言うライナーに、ファルコはライナーを慕うガビの危険を憂う。その発言を聞き、ライナーは巨人を継承する名誉を冒涜したのかとファルコに問う。ファルコは前言を撤回し、マーレへの忠誠をライナーの前で誓ってみせる。それにライナーは鎧の巨人の力を継承したいのかと問う。ファルコは鎧の巨人を継承するのは俺ですと答えると、ライナーはそうだと言って、この真っ暗な未来からガビをお前が救い出すのだと言いファルコの肩に手を置くのだった。列車は翌日にはリベリオの街に帰ってきていた。二日酔いのコルトに皆が声を掛けながら、帰路を急ぐ。昨日聞かされた言葉にファルコはライナーが自分と同じように巨人の力を受け継ぐことを栄誉と思っておらず、ガビを助けたいと考えているのかと考えていた。ファルコがライナーを信じるのにはまだ知らないことが多過ぎた。皆はエルディア人に用意された収容区へ帰っていくのだった。ファルコは家族と共に家に向かう途中で、心的外傷を負ったエルディア人たちを目撃する。手伝うことがないかと声をかけるがマーレ人兵士はエルディア人を驚かせ笑っているだけだった。家に帰り家族にガビは自分の武勇伝を聞かせた。父はガビをエルディアの救世主だと褒め、母は自慢の娘だと言う。ライナーの母は彼にガビが戦士になれそうなのかと質問する。それにライナーは決定的だと思うと答えると母は一族から2人も戦士を排出だきるとは誇りに思うと言ったあと、パラディー島に住む悪魔たちへ恨み言を言う。そこへ叔父はライナーにパラディー島であった出来事のことを聞くが、ガビが機密事項もあるし、4年間も潜入していたためライナーも話しづらいだろうと制止する。しかしライナーは話せることもあるといって一緒にいたやつらのことを語る。ライナーのやつらという表現にガビは島にいるのは悪魔ではないのかと疑問を投げかける。それに母がそうだと答え、島にいるのは世界を地獄に変えた悪魔だと言って制裁を与えるのだと言い聞かせるのだった。翌日元気のないガビにライナーはどうしたと声をかけると母がライナーが別人のようになってしまったと言っていたらしい。その後ジークの部屋に戦士たちは集合させられていた。今後の方針を話すジークはタイバー家がパラディー島の脅威を諸外国に知らしめるため、祭事が行われることが伝えられた。その祭事で1年以内にパラディー島を制圧するという宣言が行われるという。エルディア人兵士だけで進められた会議は実は室外から盗聴されていた。エルディア兵たちの忠誠を確かめていたのだ。しかしジークのマーレ人がこの部屋にはいないという発言はマーレ兵とライナーだけが気づいていた。ライナーは戦士隊の訓練を見ながら考えていた。自分が再びあの島へと行くことを……。

感想「パラディー島奪還作戦始動!ジークに疑いの目が!?」

ジークの力

61話ではジークが再びパラディー島での始祖奪還作戦を進言し、これに赴くことが決定しました。

コルトとの会話でジークの獣の巨人の能力は歴代と違い、卓越したものだということも判明します

ジークの発言はいつマーレ人に聞かれてもいいように何かを隠しているようで、本音がわかりません。

しかし獣の巨人の能力が他と違うってどういう事なのでしょうか?

獣の巨人の能力って投擲能力にあると思うのですが…

パラディー島での戦闘を知っているからこそ、ジークの強みって頭の良さや指揮能力にあると思うのですが、これは直接戦場にいなかった者にはわからないことなのかもしれませんね。

ユミルは食われた

ポルコとライナーの会話からユミルが既に巨人の力を失い、ポルコに食べられていることがわかりました

そもそもポルコが顎の巨人の能力を使っていたことからユミルが既に死んでいるのは予想できたのですが、世界観が変わりすぎていたため、そこまで頭が回っていませんでした。

ユミルの記憶がポルコへ引き継がれているようで、パラディー島でのライナーの様子などは丸わかりの様子です。

ライナーとポルコの確執の真相が次回辺りで描かれるのではと予想しています。

現在公開可能な情報

エルディア人腕章
『悪魔』であるエルディア人と他人種を区別するために設けられた腕章。

軍人、民間人、階級などによって配色は異なるが、

マーレ国内で生活するエルディア人は

総じて腕章の装着が義務づけられる。

腕章をつけずに外出した場合は

罰則を受けることになる。

エルディア人の偏見

ライナーの母が語っていたパラディー島の悪魔という言葉に偏見があるなと思いました。

どうやらマーレ国内にいるエルディア人たちは自分達から自由を奪い、のうのうとパラディー島で暮らしている同族を恨んでいるようです

確かに始祖の力を持ち去り、エルディア人の立場を悪くしたという過去はあっていますが、島がどういう状況にあるのかというのは知らないみたいですね。

島の中では巨人を怖れ、明日がくるかもわからない世界で、自分の命を懸けて戦っていおり、マーレ国内のエルディア人とほぼ同じだなんて皮肉ですよね。

 

第61話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました