進撃の巨人 The Final Season 第62話 あらすじと感想「ライナーの過去回。エレンの潜入は完了してた!?」

第62話「希望の扉」あらすじ

故郷に帰り、母と再会したライナー・ブラウン。その夜、彼は戦士をめざした幼き日々を思い返していた。エルディア人を母に持つライナーの夢は、母と共に名誉マーレ人の称号を手に入れて、離れ離れになった父と共に暮らすこと。巨人の力を継承して世界を救う英雄になれば、その願いが叶うと信じて……。

出典:TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 公式サイト より

あと数年でパラディー島に攻撃を仕掛けるという噂をジークは話す。戦士隊7人のうち6人が巨人の力を継承する時が来たのだ。それを聞いてこれでマーレ人になれると喜ぶライナーだったが、ポルコから1人余るのならどべのおまえだと言われてしまう。ポルコからお前の長所はなんだと聞かれるライナー。体力に優れたマルセル。頭脳に優れたベルトルト。射撃に優れたピーク。格闘術に優れたアニ。ライナーが評価されたのはマーレへの忠誠心だけだとポルコに指摘され喧嘩になってしまう。マルセルが直ぐに制止に入るが、ジークは皆を促し直ぐにその場を離れてしまう。ベルトルトに励まされライナーはパラディー島の悪魔を退治し英雄になると宣言するのだった。軍上層部の継承者の選定は予想通りのものだった。鎧の継承者は我慢強いライナーが選抜された。その決定に不服を言うポルコ。そして継承者の凱旋パレードでライナーは父を発見し、再会を果たした。これで3人で平和に暮らせるとライナーは父に声をかけたのだが、ライナーの父は母が復讐のためにライナーを兵士にしたのだと罵った。そしてライナーの身元を調べられたら自分の一家が危ないと言って去っていってしまうのだった。その言葉にショックを受けるライナーだったが、涙を流し自分を送り出す母の姿をみて、英雄になることを諦めなかった。そしてマルセル、ベルトルト、アニ、ライナーの4人はパラディー島に作戦のため旅立った。作戦が始まったというのに煮え切らない態度の他の3人に、ライナーは自分たちは選ばれた戦士だと言う。するとマルセルから本当はライナーは鎧の継承者として選ばれることはなく、ポルコを守るためマルセルが印象を操作した結果、今ここにいることを告げられる。その事実に愕然としていたライナーは近づく巨人の気配に気づけなかった。襲われたライナーを庇いマルセルは巨人に食われてしまった。夢中で逃げ出したライナーは1人仲間たちが食われてしまい、自分は今日ここで死ぬと泣いた。しかし追いついたアニに蹴られ、ベルトルトとも合流する。顎の力を野良の巨人に奪われ、マルセルの指揮がなくなったためアニは帰還しようと提案し、ベルトルトもそれに従った。しかしライナーは帰れないと引き留める。アニはこのまま帰ったらライナーは鎧を剥奪されるが、知った事ではないと言う。しかしライナーは顎を失った責任を皆がとる結果になるのではと反論する。ベルトルトは次の候補者が直ぐに巨人の力を使いこなせるわけがないと主張するが、ライナーからおまえは直ぐに使いこなしたじゃないかと指摘されてしまう。始祖を獲得しなければ故郷に帰れないと脅すライナーを怒ったアニはボコボコにした。しかしライナーはそれでも立ち上がりおれがマルセルになるといって、作戦は決行されることとなった。それから3人は壁を壊し、ウォール・マリアを崩壊させた。混乱に乗じてウォール・ローゼの中に入りこみ、その後訓練兵に潜入した。夜アニは単身で作戦を実装していた。内容はケニーの尾行。しかしケニーに見つかってしまうが、アニはとっさに旅籠で生まれ、母から父の話を聞かされ、ケニーを父だと思ったと言い訳をした。しかしケニーはそれを笑えない冗談として妹に誓ってないと否定した。アニは言い訳が通用しないと判断し逃走する。別の夜にライナーたちと合流し、もう限界だと言い、これまで集めた情報を持って故郷に帰ろうと提案する。しかしライナーはまだ成果が足りないとしてウォール・ローゼを破壊し、始祖の巨人をおびき出す作戦を説明する。ある日、訓練中に必死に努力しもがくエレンにライナーは少し休めと声をかける。ライナーはエレンの姿に過去の自分を重ねていた。そしてエレンならやれると背中を押すのだった。ライナーは昔のことを思いだしながらいつしか銃を口に突っ込み、引き金に手をかけていた。しかしその部屋の壁を偶然ファルコが殴ったことで我に返る。ライナーは去るファルコの姿をみて、まだ自分には子供たちがいることを思い出す。ファルコは帰りに病院の前を通った際に先日運ばれ精神疾患を患ったという男に声を掛けられた。経過は順調そうだと言うファルコに、その男は記憶障害で家に帰れないということにしているがそれは嘘だと告げる。そのことを病院の人に言うかと問う男に、そんなことをしないとファルコは答える。それから男はファルコの怪我を戦士になるための訓練かと尋ねる。ファルコはそうだと答えたあと、他の候補生に優秀なやつがいて自分の出番はなさそうだと言う。それに男はそれは良かったと答え、君はいいやつだから長生きしてくれるなら嬉しいと言うのだった。しかしファルコは他の候補生を戦士にしたくないという。どうしてと男は問うがファルコは答えない。そいつは女の子かと続けて問う男に、ファルコはここでは有名なやつで誰もがあいつが戦士になったほうがいいと思うだろう言って自分の無力を嘆く。それから男はどうしてこうなったのかと語り始めた。皆は何かに背中を押されて地獄に足を突っ込むと言う。大抵は他人や環境に強制されて仕方なくだが、自分の意志で見た地獄は別だと言う。更なる地獄を見るかその先にある希望を見るかは進み続けるやつにしかわからないと男は語るのだった。

感想「ライナーの過去回。エレンの潜入は完了してた!?」

ライナーの過去

62話でライナーの過去が描かれました。

子供の頃のライナーはエレンとよく似ていて野心は誰よりも強いですが、実力が伴っていなかったみたいです

ポルコが鎧の巨人を継承して何かいざこざかがあったのかなと思いきや、ポルコの兄のマルセルが弟の安全のために評価を下げライナーを鎧の継承者にしていたことがわかりました。

ポルコとライナーの確執っていうのは鎧の継承者を巡ることだったようです。

しかしこれって実行犯はマルセルですし、作戦中に食われてしまったのもマルセルでライナーが悪いわけではないような気もしますが……。

実力不足の半端者が作戦に参加したことが失敗とでもポルコは思っているのかもしれません。

ポルコとライナーの確執というのも、そこまで深刻なものではなさそうですね。

ライナーの頼れる兄貴分的な人格はマルセルを真似たもので、パラディー島にやってきてから身に着けたものだということもわかりました。

少年時代のライナーは本当にみっともない。

それでもライナーが悪いというよりも、環境が悪かったと思いますが……。

顎の力がユミルに渡るエピソードが短い

顎の力がユミルに渡るというエピソードはかなり短かったですね。

事実を告げられて放心状態だったライナーをマルセルが庇ったからユミルに食われてしまったというだけのことでした

作戦での最初の失敗かもしれません。

軍の決定が行われるときにマーレ軍人の1人が言っていたように子供に巨人の力を持たせるのはどうかという結果がこのシーンだったと思います。

弟のために身勝手な行動をしたマルセルが、指揮権と顎の力があるのに、ライナーを庇って食われてしまう。

マルセルを欠いただけで崩れてしまう根本からかなり危うい作戦のように思えてしまいます。

作戦行動にジークがいなかったのは何故なんでしょうね。

現在公開可能な情報

戦士候補生

『悪魔』であるエルディアア人の少年少女から

構成された少年兵部隊。

マーレ軍監視の元、過酷な訓練を受け、

その成績、素行、技術、人格、

国家への献身などの評価項目より選別される。

九つの巨人は「エルディア人」にのみに

継承されるため、『悪魔』でありながら、

国防を担うエルディア人は必須の存在であり、

そのため戦士に選ばれたエルディア人と、

その一親等の親族は「名誉マーレ人」の

資格を得ることが出来る。

ロン毛のエレン登場

60話のあらすじに既にエレンがマーレに辿りついていることが書かれていましたが、61話で精神疾患を患った兵士として登場し、その男がエレンだということがわかりました

名前は出てきていませんが、梶さんの声でわかってしまいますよね。

ロン毛のエレンもちょっとかっこいいかもと思ってしまいました。

脚は自ら切断したのでしょうか?

巨人の再生能力に頼った行動ですが、エレンがこれから起こす行動に目が離せませんね。

 

第62話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました