進撃の巨人 The Final Season 第66話 あらすじと感想「起きろライナー!アルミン登場でドデカミン!?」

第66話「強襲」あらすじ

混迷を極める戦場。自在に空【くう】を飛び、襲い来る兵士たちに、立ち向かう戦士たち。この戦いの行方は……?

出典:TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 公式サイト より

エレンによって幕が切られたパラディ勢力対マーレの戦い。顎がエレンの不意打ちを狙うが、リヴァイによって阻止された。ひるんだ顎を立体起動を用いた兵士たちが追い込もうとするが、マーレ兵たちの銃撃によって阻止されてしまう。エレンはラーラを確保したが、彼女はアニと同様に水晶化してしまい、食うことができない。それでもラーラには意識があるようで、戦鎚の力を使い攻撃を行ってくる。咄嗟に自身を硬質化しエレンはその攻撃を避け、ラーラが自分のうなじを貫くほどの力が残されていないことを見抜く。エレンは一度巨人化を解き、再び巨人化を行う。エレンが力を温存していたことにマーレ勢力は驚愕するのだった。
ジークもまた獣の姿となり戦場に加わり、指揮をとる。それを見てリヴァイは仲間たちに死ぬな生き延びろと声をかけ、獣へと斬りかかるのだった。
一方目を覚ましたファルコは鎧の掌で地上へ無事帰還した。眼前に広がっていたのは壊滅状態となった故郷と巨人と空を舞う人との激しい戦いだった。ファルコは進撃の巨人をみて、エレンを敵と認識する。そしてライナーのことを思い出し、彼の元へ駆けつけるがライナーに意識はなかった。巨人の力によって怪我は治癒されるはずだったが、呼びかけてもライナーの意識が戻る様子はない。ライナーが疲弊しきっていたことを思いやり、ファルコはライナーを助けるため救援を求めて、戦場を走るのだった。
車力は立体起動相手に苦戦していたが、顎が加勢に入ったことで難を逃れていた。しかし顎からリヴァイを見失ったことを告げられ、車力は驚愕する。パラディ島での戦闘経験のないポルコはエレンを仕留めればと焦りを見せる。しかしピークがパラディ島勢力は補給もなく、戦場はマーレの戦力が終結し包囲していることを告げ、慎重になるように促し、ジークを守ることだけに徹するように言うのだった。それに同意したジークは獣の力で瓦礫を投擲し、立体起動を牽制する。そしてジークはリヴァイに出てこい時間がないのだろうと呼びかけるのだった。
ファルコはマガトたちと無事合流し、ライナーの居場所を伝えた。そこへガビも合流する。
海上ではマーレの艦隊が展開していた。ある兵士が命令を飛ばしていたが、ふと海上に小さな帆船が近づいていることに気が付き、小舟へ危ないと注意する。乗っていたのはアルミンだった。フードをとるなり超大型へと巨人化し、海上の軍艦を一掃した。マガトは海上が陥ちたことを察し、ファルコとガビに逃げるように言う。ピークはベルトルトが巨人の能力を奪われていたことに気づき悔やむ。しかしポルコは逆上し、エレンへと突進していってしまう。ジークの守りが手薄になり、立体起動の兵士たちが動き出した。敵がくると注意を促したピークだったが、それと同時に獣はリヴァイにうなじを斬られ倒れ伏してしまう。そしてうなじに手榴弾を投げ込まれ、ジークは無力化された。立体起動の兵士たちは陽動が成功した後車力へと襲いかかる。サシャは立体起動へ機関銃を飛ばすパンツァー隊のカルロを狙撃する。車力がサシャに襲いかかるが、隠れていたジャンが姿を現し車力の顔面へ雷装を打ち付ける。ジャンの合図と同時に立体起動の兵士たちが雷装を車力に連続で投下し、パンツァー隊もろとも車力の無力化に成功する。車力がやられた落下地点に撤退していたファルコたちがいた。ジャンは車力に止めを刺そうをするが、ファルコが立ちはだかり、撃つなやめてくれと叫ぶ。ジャンは一瞬迷いを見せたが雷装を射出する。しかし車力の蒸気によって雷装は射線を逸れて外れてしまう。車力から出てきたピークをファルコが救出しようとするが、ピークはファルコに逃げろと言う。ピークたちはパラディ島勢力に包囲されていた。マガトがピークを守るように指示し、マーレ兵が銃で立体起動兵を牽制。その隙にガビがファルコに手を貸し、ピークの救出に成功した。顎は仲間がやられたことに怒り、エレンへ襲い掛かる。しかしその攻撃もエレンに水晶を使って防がれてしまう。反撃しようとしたエレンの攻撃とミカサの援護を、顎はすぐに距離をとり回避した。ユミルとは違い、ポルコは顎の力を十全に発揮していた。エレンは防御に使ったラーラの水晶が顎の一撃で傷ついていることに気づく。
戦士たちと海上の戦艦が無力化されたことでマーレは劣勢に立たされていた。更に上空からパラディ勢力の飛行船が迫っていた。ポルコは飛行船で撤退されることに気づき、飛行船に狙いを変える。しかしその隙を突いたミカサに足を切り落とされてしまう。機動力を失った顎をエレンは腕をもいだ。その後顎へ水晶を挟み、顎を使って水晶をすりつぶし、戦鎚を食うことに成功するのだった。戦鎚が食われ、次は顎だとマーレ軍は絶望する。ガビは抗うためライナーへ助けを求めて叫ぶ。ファルコもそれに続き名前を呼び、静かになった戦場に2人の子供の声が響くのだった。顎を食おうとしたエレンだったが、背後から巨人化した光が届き振り返る。そこには再び立ち上がった鎧の巨人の姿があったのだった。

感想「起きろライナー!アルミン登場でドデカミン!?」

パラディ島勢力大集結

66話ではミカサやリヴァイに加え、海上の敵をアルミンが超大型の力で圧倒し、更には飛行船にてハンジが回収へと向かい、いつものパラディ島のメンバーが集結する展開になりました

Twitterなどではアルミンは超大型巨人になったことを「ドデカミン」と表現して盛り上がりを見せ、パワーワードが誕生してしまいました。

立体起動装置も進化をしていましたが、雷装の増産や飛行船の開発なんかもされており、ここ数年でかなり戦力を増したようです。

66話はネームドの巨人をパラディ島の勢力が一方的に殲滅するという展開になり、視聴している時は少し驚きました。

もう少してこずると思っていたのですが、よく考えたら対多数の巨人相手の戦闘なんてパラディ島では日常茶飯事でしたしね。

しかしリヴァイがジークを一撃で無力化したのは驚きました。

一撃必殺アサシンみたいになってましたよね。

ライナー戦意喪失

エレンとの再会と懺悔によってライナーの心は限界を迎え、戦意喪失状態になったようです

一応エレンが巨人化する際に、ファルコを守るためライナー自身も巨人化していたようですが、その後意識がなく66話での戦いに参加できませんでした。

ラストにて子供たちの応援に負け、立ち上がったライナーですが、エレンとの決戦がどうなるのか気になりますね。

個人的には冷静なエレンが撤退してしまうなんて展開を予想しています。

ま、次回予告でエレンに鎧が倒されてるのが発覚したので笑えますが…

現在公開可能な情報

新立体起動装置

パラディ島勢力が所有している装備。

専用の装備からワイヤーフックを射出し、

ガス圧力などでの飛行に近い機動力を

兵士たちにもたらしている。

島の技術にはなかった自動拳銃のほか

に特殊な刀剣を装備している兵士や、

砲弾のような兵器を武装する兵士も

存在し、対人、対巨人戦闘を

易々とこなす。

戦鎚の力を獲得

ラーラーがアニと同様に水晶化してしまいエレンは戦鎚を食べられませんでしたが、顎との戦闘で水晶を盾にしたところ顎ならば水晶を砕けることが発覚しました。

エレンが顎を無力化してから、無理やり水晶を砕かせ、無事に戦鎚の力を得ることができました

66話では獣をリヴァイが、車力をジャンたちが無力化し、顎をエレンが圧倒したので、一気に戦士の力を集めることができるかと思いましたが、ライナーの再起によってそううまくはいきそうにないですね。

そもそもジークはほぼ死亡したと思うのですが、この場合獣の力はどこへ移動しているのでしょうか?

そう考えるとジーク生き延びていそうですね。

 

第66話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました