進撃の巨人 The Final Season 第68話 あらすじと感想「3年前の回想回!イェレナはかなりの重要人物!」

第68話「義勇兵」あらすじ

もしかしたら別の道があったのではないか……。後悔も、懺悔も、失ったものは、二度と戻らない。

出典:TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 公式サイト より

アルミンは結晶化したアニに3年前のあのときならば何かを変えられたかもしれないと語る。
3年前マーレから調査兵団が送られた。船は島の近海に停泊していたが、巨人化したエレンによって陸へ船ごと運ばれてしまう。ハンジが投降を促すが上官は悪魔と罵りながら銃の引き金に手をかけた。上官が銃を撃つ前にイェレナが射殺。仲間たちが叛乱を起こし、船の上を占拠した。それから彼女はハンジのお茶の提案を飲み、対話をすることなった。
彼女は祖国の装備をハンジたちに渡し、兵数や海軍の戦力などの情報などを提供した。リヴァイに舐められると注意されていたが、ハンジは航空戦力のことを聞き、大いに驚いた。パラディ島と比べ圧倒的な軍事力を持っているのにも関わらず、約1年間攻めてこなかった理由をハンジが問う。それに彼女は島に放った無垢の巨人が自分たちの侵攻の妨げになっていることと祖国が複数の国と戦争状態にありパラディ島どころではなくなったと答えた。無垢の巨人の話が出たとき、イェレナは朝になるのに野外のテントでゆっくりと会話ができるということは壁の外の巨人を皆殺しにしたのかと質問し、兵長がそんなところだと答え、それを聞いて彼女は大いに喜んだ。ハンジは彼女の話を聞き、彼女たちは恨みを持つ亡国の民で潜入する諜報員のようなものなのかと質問する。しかし彼女はジークに導かれるまでは大国に抗う気力さえなかったと答えるのだった。彼女は獣の巨人として戦うジークの姿をみて、希望を感じ神だと崇めた。そしてイェレナは自分達のことをジークの命を受けた反マーレ義勇兵だと名乗り、目標は全エルディア人の解放だと言うのだった。
義勇兵の話を整理し、会議にてハンジはジークの要求をまとめ軍上層部へ報告していた。マーレが潜入する口実だという声も上がり、却下されそうになったが、ピクシスがそのような作戦の場合は敵も承知の上だと諭し、団長に話の続きを促す。ジークには始祖の巨人と王家の血を引く巨人がそろえば実行に移せる秘策があった。しかしその詳細を明かすには条件がそろってからだという。エレンはその話を聞き過去に始祖の巨人の力を使ったときのことを思い出し、秘策は正しいと発言する。それを聞いて兵長が重要なことを今までどうして黙っていたのかと問うが、エレンは不確かな情報でヒストリアを巨人にさせる訳にはいかないと思っていたと答えた。その場ではエレンは許されたが、後に兵長に詳しく報告することとなった。団長はエレンの話を聞き、秘策にも筋が通っていると指摘する。上層部からは反感の声が飛び交い、マーレ兵を領地に置いておくことも危険で即刻処理すべきだという意見も出た。しかし現在マーレの調査船団からの侵攻を防ぐためには義勇兵の協力が必要だった。義勇兵たちが通信によって後続の調査船団と連絡を取り、座礁したと嘘の情報を流して、救援にきた調査船をだまし討ちして無力化していた。
それから最初はお互い確執があったが、義勇兵と次第に打ち解けていった。義勇兵からもたらされる情報や技術は島にはないもので、提供される情報によって文明が発展していった。
もうすぐ港が完成の目途がたった。アルミンは地ならしを使うことには否定的な考えを持っていた。義勇兵と和解したこれまでの経緯から話し合いで世界とも和解できるのではという考えに至っていた。それを聞いたエレンは和解に必要な時間が足りないと指摘する。エレンの決意はこのときから既に固まっていた。
エレンを救出するためにサシャや多くの兵士が犠牲になってしまった。これまでアルミンは誰よりもエレンのことを理解していると思っていた。しかし今ではエレンの考えていることがわからなくなっていた。
サシャの葬儀が行われ、仲間たちは悲しみに暮れていた。一方で兵長はジークを森へと隔離した。エレンと合わせろと主張するジークだったが、兵長はそれを却下した。イレェナたちは祖国から奪ってきた巨人化の薬をピクシスたちに提出していた。多くの技術提供をしてくれた義勇兵たちに感謝しつつも兵士たちは義勇兵へ銃を向け、しばらく拘束することとなった。和睦の道が断たれたことをアルミンは悔やむ。ミカサは自分自身に現状をぼやき、エレンは戦わなければ勝てないと自身に言い聞かせるのだった。

感想「3年前の回想回!イェレナはかなりの重要人物!」

3年前の回想

68話ではアルミンがアニに語り聞かせるという形で3年前の回想が描かれました

どうやらエレンたちは無事に撤退しパラディ島に戻ってきたようですね。

最初アルミンの語り相手が映っていなかったため、ファルコとかに昔話を聞かせていたのかと思いましたが、相手はアニでした。

元凶はイェレナたち義勇兵

ジーク自らがパラディ島勢力に加担すると交渉を行ったと思っていましたが、最初はイェレナたち義勇兵が話を持ち掛けたようです

以前にピークが言っていた通り、イェレナはジーク信奉者なのでジークから話を聞いていたのかもしれませんね。

3年前にあったこととパラディ島の技術の発展は2~3話使うくらいのボリュームで語られるのかと予想していましたが、そうではなくささっと和解して技術を取り入れていっていました。

アルミンの「あのときは楽しかった」というのは、マーレの技術を吸収し、パラディ島が発展していく過程と、互いを知ることで和解へと至った義勇兵との関係のことを指しているのだと思っています。

ニコロいい奴

ニコロの作った海の幸をふんだんに使ったマーレ料理をサシャが感涙しながら食べるというシーンがありました。

ニコロがツンデレみたいになっていたのですが、自分の料理を涙しながら食べてくれるサシャに好意を持っていたようです。

パラディ島内で理不尽な虐待行為を受けながらもサシャの死を知ってからも悲しむ様子は好印象です。

義勇兵と言っていたので、ニコロも兵士なのかと思いきや非戦闘員だったのも意外でした

今は捕虜のマーレ人として扱われていますが、サシャの一件で兵士に志願するなんて展開もあるのでしょうか?

現在公開可能な情報

調査船団

始祖奪還作戦の失敗後、パラディ島内の実態を
調査すべく組織された。
851年に第一次調査船団を派遣。

以降、約3年間にわたり、調査船、駆逐艦含め延べ32隻、
約46000人をパラディ島へ送り込んだ。
しかし、今日に至るまでマーレに帰還した者は誰一人としていない。

今後の義勇兵とパラディ島勢力の関係は悪化

義勇兵の協力があってパラディ島勢力の技術力は大躍進し、エレンの救出にも成功した訳ですが、68話では義勇兵たちもマーレ勢力として拘束されることとなりました

イェレナは甘んじてその処遇を受ける様子で、ジークはリヴァイには逆らえないようですね。

パラディ島勢力がやっていることがあまり良くありませんが、元々壁内の軍部も腐敗しており、調査兵団の権限が向上しても選択の過ちは仕方ないかなとも思ってしまいました。

 

 

第68話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました