進撃の巨人 The Final Season 第69話 あらすじと感想「ミカサの秘密が明かされる!ヒストリアも妊娠!?」

第69話「正論」あらすじ

外の世界に味方はいなかった。だから、生き残るため、敵を滅ぼす。戦うしかなかった。それが正しい選択なのか。その是非を知る者はいない。

出典:TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 公式サイト より

地下牢へ幽閉されていたエレンは鏡に向かって戦えと自身へ言い聞かせていた。そんなところへハンジが声をかけてきた。エレンの行動を見ていたハンジはエレンに会話と称して何を考えていたのか探りを入れてきた。エレンは過去に仲間たちのことを考え行動していた。しかし何故今回は単独行動に出て、仲間を危険に晒すことになったのか。その理由をハンジは問う。エレンはそれに戦鎚を食ったと答え、地下に幽閉してもいつでも外へ出られると言う。牢ごしからハンジの胸倉をつかみ、彼女に何ができるのかと聞く。エレンが巨人の力を使いそうになったのを見てハンジはエレンの腕を振りほどき、その場を去った。そして亡きエルヴィンに自分を団長に指名したことは失策だったと嘆くのだった。
2年前、港が完成し調査兵団は義勇兵と顔を合わせていた。その日はパラディ島唯一の友好国であるヒィズル国の使者キヨミ・アズマビトがやってくる日だった。キヨミは会談を行う前に、調査兵団たちに家紋に見覚えがないかと問う。その家紋はミカサの手首に刻まれたものと一緒だった。これまで実の母から受け継がれてきたもので、エレン以外には秘密にしてきた。100年以上前、アズマビト家の身親にあたる将軍家はフリッツ王家と懇意にしており、将軍家はパラディ島に逗留していた。巨人大戦後ヒィズルは敗戦国となったため、混乱が起き将軍家の血筋はパラディ島に取り残されてしまったのだとキヨミは語る。ミカサはヒィズルの将軍家の末裔だったのだ。
パラディ島軍部はまだ国という概念が理解できていなかった。ヒィズルが利用できるなら話にのる案や罠かもしれないなどのいろいろな意見が出た。ピクシスはそんなことを話し合う兵士たちに自分たちがまだ発展途上であることを指摘し、今回の会談では耳を貸すのみにすると言うのだった。ヒストリアはミカサも同じような境遇にあることがわかり、喜んだ。
ヒィズルとの会談はジークがヒィズルとで交わした条件の公開から始まった。ジークはキヨミに事前に立体起動装置を渡していた。それと共にパラディ島には氷瀑石という莫大な資源が眠っていることを話す。ヒィズルはその未知の地下資源を独占するためにやってきたのだ。ジークがヒィズルに提示した条件は3つ。1つ目は地ならしを世界に見せつけること。2つ目はヒィズルがパラディ島の軍事力を向上させること。3つ目は巨人の維持だった。ヒストリアに獣を継承させ、寿命までに子供を増やせと言う。ヒストリアはこの条件を承諾したが、エレンは家畜のように生きるならジークの条件は飲めないと主張し、あらゆる選択を模索することを提案した。
104期生はエレンが訓練にもなるため、線路の舗装をするといったことから護衛を兼ねて土木作業を行っていた。そこへハンジたちがやってくる。アズマビトからの返事があり、ヒィズルの協力は得られないことが告げられる。このままでは地ならしに頼ることしかできず、ヒストリアの犠牲は避けられない。そこでマーレに拠点を作り調査するとハンジが作戦を明かす。土木工事からの帰り道104期生たちは雑談に花を咲かす。エレンが寿命を考え、継承者を決めなくてはいけないと言い出すと、それぞれが名乗りを上げた。しかしエレンは大事な仲間には長生きして欲しいとため、仲間たちには継承させるつもりはないと言うのだった。
現在ヒストリアは妊娠していた。自由意志で子供のころに自分をいじめていた青年と結ばれたのだ。青年は孤児院で罪悪感から働き続けていたが、ヒストリア自身が見つけたそうだ。兵士たちは女王が妊娠してしまったことを知って憤る。子供がお腹の中にいる間は獣を継承することはできない。ジークを始末することもできない上に、出産も命の危険が伴う。
義勇兵を拘束されたことについて104期生たちは話し合っていた。突然エレンがジークの計画にのったことをジャンは不思議に思っていた。コニーはエレンが別人のようになってしまったと言い、ジークの作戦を進めようとするのなら斬ると言い始める。ミカサが必死に擁護するが、仲間たちを死地に追いやったのはエレンだった。アルミンはエレンと話し合いを提案し、決裂した場合は調査兵団の特権を生かし信頼できる他の誰かに始祖を継承させると言うのだった。

感想「ミカサの秘密が明かされる!ヒストリアも妊娠!?」

今回も過去回想

68話で描かれた過去で終わりかと思っていましたが、69話でもパラディ島が歩んできた3年間が描かれることになりました

成長し背が伸びたコニーにリヴァイが「お前ら図体ばかりでかくなりやがって」と皮肉を言っていたシーンは笑ってしまいました。

基本的にシリアスな展開が続きましたが、69話はちょっとしたリヴァイの皮肉やハンジの冗談、皆で赤面などの笑えるシーンがあったところがこれまでと少し違う印象でした。

笑える余裕があったあの頃ということなのかもしれませんね。

ミカサはお姫様?

69話ではミカサがヒィズル国の将軍家の血筋をついでいることがわかりました

ヒィズルは日本のような国と描かれているので、ミカサもお姫様ということですね。

簡単にキヨミの話をまとめるとヒィズルは100年以上前はフリッツ王家と懇意にしていて、将軍家はパラディ島に滞在してりしていたみたいです。

しかし巨人大戦が起こり、ヒィズルが敗戦国となったため国内は混乱状態となり、将軍家の血筋はパラディ島に取り残されてしまったとのこと。

エレンの周りにお姫様居すぎではと思ってしまいましたが、パラディ島って巨人被害で人工が激減しているので、生き残りが集まれば重要人物が必然的に集まってくることになります。

アッカーマン家は隠された謎が多すぎて面白いですよね。

現在公開可能な情報

ヒィズル国
「将軍」と呼ばれる国家元首の下、
独自の文化を築きあげてきた東洋の小国。
優秀な技術者を多く輩出しており、
最新兵器や航空機などの開発も盛んに行っている。
かつてはエルディア帝国とは同盟国であった。
「将軍家」の家紋には
三本の片刃の剣を模した図柄が用いられている。

妊娠したヒストリア

69話前半ではパラディ島のために女王として尽力するヒストリアの姿が描かれていましたが、後半で現在は妊娠していることがわかりました

急な展開にびっくりしてしまいます。

ヒストリアが子孫を増やそうと考えたことなのか、誰かの入れ知恵なのか気になりますよね。

獣を継承したくないからというのはヒストリアの性格上違うと思いますので、何の意図があって世界と戦争になりそうな時期にそんな選択をしたのか気になります。

また過去にライナーなどが結婚したいと心で言っていましたが、選ばれませんでしたね。

 

 

 

第69話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました