進撃の巨人 The Final Season 第71話 あらすじと感想「イェーガー派誕生!遂にエレンが動き出す!」

第71話「導く者」あらすじ

憎むべきは誰なのか。恨むべきは何なのか。信じたものが、揺らぎ始める。

出典:TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 公式サイト より

アルミンがアニの結晶に触れようとしたときヒッチから止められてしまった。彼は邪な思いを抱いての行動ではないと弁明する。彼女はただ茶化しただけだった。その後2人で外へ出ると彼女から兵団の疑念が高まっていることを告げられる。兵団本部全域を民衆が取り囲んでいたのだ。制圧にヒッチは狩り出され、1人になったアルミンの元へミカサが合流する。2人は総統へエレンとの面会の許可をもらいにいく予定だった。途中で2人は新兵が本部にいるところを目撃し、何故いるのかと疑問を抱く。
イェレナはピクシスにエレンに会いに行ったことを明かした。エルディアはまだ世界を知らず議論を先送りにしては手遅れになるとそう考えたからだ。ピクシスに具体的な助言をしたのではと勘ぐられたが、彼女はエレンに兵政権に発破をかける必要があると言っただけだという。ピクシスの結果的にジークの策通りの結果となったという言葉を聞いて、彼女は感情的になり、自分を知って欲しかったと本音をこぼす。取り繕ってから彼女はピクシスに歴史が変ろうとしている瞬間に立ち会っていると言って、自分はただ兄弟が起こす世界が生まれ変わる様子を見ていたいだけだと話すのだった。それからピクシスは彼女にうまい嘘は時折事実を混ぜてしゃべることだと助言してから、聴取を行うのだった。
ハンジはオニャンコポンの元を訪れていた。これまですっとエルディア帝国の技術革新のため協力してきたくれた人物だ。彼は義勇兵が軟禁状態にあることにハンジへ愚痴をこぼす。ハンジはその境遇をすまないと謝ってから、イェレナの密会が発覚したことを告げる。彼はイェレナの行動を否定しなかった。ハンジはそのことを指摘し、順序が逆になってしまったが彼らを拘束しなければならない理由ができたことを告げる。オニャンコポンからこれまでのイェレナの振舞いを聞いてハンジはパラディ島にきてから様子が変っていることに気がついた。そしてオニャンコポンを連れて、調査に向かうのだった。
アルミンとミカサは総統との話し合いで、エレンと面会できないことを告げられる。理由は密会が発覚し、エレンはそのことを秘密にしていたからだった。発覚してからもエレンは黙秘を続けていた。総統はエレンはジークに操られているとみていると2人に打ち明ける。アルミンは面会を試して損はないと食い下がるが、総統は許可しなかった。部屋を出てから許可がでなかった理由をアルミンは兵政権は既にエレンを見限っており、次の継承者の選定をしているのではと考えた。それを聞いてミカサは総統の部屋へ戻り、会話を盗み聞きしようとしたが、アルミンが制止した。そんなやり取りをしていたとき、総統室が突如爆発した。2人は外に出て状況を確認しようとヒッチに声をかける。総統は爆発で吹き飛ばされ、門の前で亡骸を晒していた。それをみた民衆は自分たちの怒りが天に届いたと言い心臓を捧げよと熱狂するのだった。
総統の死を受けて、査問が開かれた。椅子に爆弾が仕掛けられていたという話を聞き、アルミンはその椅子は総統が新兵に運ばせたと言っていたことを報告する。加えて調査兵団の新兵が本部にいたことを踏まえておそらく調査兵団に所属している新兵だろうと考えを述べると部屋の空気は重くなった。そこへエレンの脱走の報告が入る。兵士は総動員されエレンの捜索を行うこととなった。
エレンはフロックたちが率いた同志と合流していた。彼らにエレンはジークの居場所を特定すると告げるのだった。
後日フロックたちが兵団組織を離れ、ジークと接触を図ろうとしていることが発覚した。彼らをイェーガー派と名付け、今後の方針が話し合われる。そこへピクシスが現れ、指示を出す。アルミンがピクシスに今後の展望を聞くと彼はエレンに降参するというのだった。今は島内で争いを起こしている暇などなかった。多くの者に兵団を見限らせてしまった時点で負けていたのだ。多くの者から不満は出たが、無念さに唇をかみしめながら彼らの処遇は不問とした。降参すると言ったが、ピクシスはエレンに服従するという意味ではなかった。今後兵団はジークの居場所を材料に彼に取引を行い、計画通り地ならしの実験を見守ることにした。ピクシスの号令と共に各兵士は事態の収拾に尽力することとなった。
ハンジはジークやイェレナが仕掛けた保険がこの状況になって効果が出てきていることを指摘し、ジークの思惑を明らかにするという。ジャンの何か考えがあるのかという問いに彼女はイェレナが守ったマーレ人捕虜の労働環境が怪しいと答え、まずはレストランへ向かうこととなった。

感想「イェーガー派誕生!遂にエレンが動き出す!」

度々登場するアニ

71話で描写された通りアルミンはアニの元へ行って思考をまとめているようです。

アニの結晶へ語り掛けるシーンが度々描写されるので、アニの目覚めの伏線なのかもしれないと考えてしまいます。

アルミンのが悩みを話しかけているということもあって、アニはマーレではなくアルミンの味方に着いてくれたらいいなと思っています。

進撃の巨人の世界はそんなにあまくはありませんが…。

イェレナは本当に女性なのだろうか?

イェレナは女性です。

しかし髪型がショートであることやスレンダーな体系をしていることから、原作漫画を読んでいたら混乱していただろうなと思っています。

現在はアニメで進撃の巨人を楽しんでいますが、アニメ化する前までは漫画を読んでいました。

その際にアニとクリスタの顔の判別がつかなかったり、ハンジが男なのか女なのかわからなかったなんていうのは良い思い出ですね。

それにしてもイェレナはペッタンコ…何でもありません。

オニャンコぽんは本名

オニャンコポンはハンジのつけたあだ名ではありません。
原作どのストーリーを探しても他の呼び名は見当たらず、オニャンコポンが本名と考えられます。

オニャンコポンというのは西アフリカのガーナ、アシャンティ人に伝わる天空の神を意味する言葉です。

響きが可愛く、ハンジというちょっとお茶目な人物が良く呼ぶため、あだ名かと勘違いしてしまいますが、結構仰々しい意味が込められた名前だったりします。

現在公開可能な情報

神生エルディア帝国
パラディ島内で、エレン・イェーガーの行動に共感した者たちが
新たに使い始めた国名。
彼を旗印にし、他国へ攻撃も辞さないという姿勢には賛否があり、
この呼称をめぐって、島内では多くの混乱が生じている模様。

 

第71話の感想は以上です。

タイトルとURLをコピーしました