はめふらのアニメ8話感想考察とネタバレ|乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

アニメ乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったの第8話あらすじや感想を紹介しています。

主人公カタリナ・クラエスにてまとめ情報は以下をご覧ください。

カタリナ・クラエスのプロフィールと声優の内田真央の経歴|【はめふら】乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
今回は4月4日からスタートする「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の主人公「カタリナ・クラエス」についてプロフィールや前世、経歴や声優の内田真礼さんについて書かせていただきます。 カタリナ・クラエスとは ...

オープニング主題歌を歌うangela(アンジェラ)「乙女のルートはひとつじゃない!」については詳しくは以下の通りです。

【はめふら】OP主題歌「乙女のルートはひとつじゃない!」の発売日やangelaについて|乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
4月4日25:30からMBS・TOKYO MX・BS11にて放送開始の「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」こと「はめふら」の主題歌が気になっています。 オープニングソングはangelaの「乙女のルートはひとつじ...

生徒会長シリウス・ディークの原作小説より、ネタバレについて別途書かせていただいております。

はめふら|生徒会長シリウス・ディーク(ラファエル)の正体ネタバレとその後「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」アニメ第6話ではそれまで、モブキャラ的な扱いであった魔法学園の生徒会長のシリウス・ディークですが、意味ありげな描写や言動が出るようになりましたね。 という事で、今回は小説版...

ソフィア・アスカルトについてのネタバレについても別途書かせていただいております。

はめふらのソフィア・アスカルトの正体とネタバレあっちゃんは前世?乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
今回は「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」で登場する「FORTUNE・LOVER」におけるニコルルートのライバルキャラであるソフィア・アスカルトについて書かせていただきたいと思います。 ソフィアアスカルトの経歴 ...

メアリ・ハントについてはこちらに書かせていただいております。

はめふら|メアリハントの経歴や「FORTUNE・LOVER」と本編の違い|乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
はめふら「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」のライバルキャラの一人である。メアリハントについて書かせていただきます。 ゲーム「FORTUNE・LOVER」でのメアリと本編との違いなどを書かせていただきます。 ...

感想につきましては初見の方に執筆いただいております。

第8話「欲望にまみれてしまった…」あらすじ

夏休みも終わり、カタリナたちは魔法の実技試験を受けることに。実技試験の会場として訪れた「古の遺跡」の奥に置かれた「魔力を宿す石」を持ち帰れば合格と言うが…。カタリナは、ジオルド、キース、ソフィアの3人と、様々なトラップが仕掛けられ、入り組むダンジョンへと入るのだった。

出典:TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』 より

感想「好感度確認回!シリウスの謎が深まる展開?」

8話の内容は東棟の図書館で勉強をしようとしたところ、カタリナが魔法書を見つけてしまい、仲間たちが本の中に閉じ込められてしまうという内容でした。

今回は特に伏線というものもみられませんでしたが、イベントとして考えると好感度の確認イベントだったのかもしれません。

普通ならば一番好感度の高いキャラクターとの欲望の物語が描かれるのかもしれませんが、カタリナに対しては全員が好意を持っている状態です。

また生徒会長のシリウスのカタリナへの反応も気になります

「ありがとうございます」と言われただけでハッとしてしまうのは、カタリナに何か特別な想いを抱いているのかもしれないですね。

イベントなどに参加しないシリウスはもしかしたら異物なのかもしれないと考えています。

シリウスの好感度

恋愛脳で考えるとシリウスも誰にでも優しく接するカタリナに惹かれていると考えられます。

理由を考えると幼少期に仲良くしていた女の子に似ているとか亡くなってしまった妹に似ているなんてところかなと想像してしまいます。

しかしソフィアのようにイレギュラーな存在かもしれないと考えると、シリウスは実はFURTUNE LOVERでの記憶があるのかもしれないですね。

自分が何故か知っているカタリナという性格の悪い貴族令嬢と目の前にいる人物が全く違う様子に驚いているのかもしれません。

何の他意もなく笑顔で「ありがとうございます」と言ってくるカタリナに違和感を感じているのではと考えることもできます。

シリウスはカタリナが別の誰かと入れ替わりそれを探っているのかなと突飛な予想をしています。

ジオルドの欲望

『欲望という名の物語』の本の中でジオルドの欲望が描かれました。

カタリナと結婚し、他のライバルたちを退けカタリナを自分だけのものにしたいという願望があるようです。

カナリナに対して「益々困らせたくなってしまう」なんて言っているところが、腹黒王子の本性が出ていますね。

キースの欲望

キースは今とあまり変わらないですが、カタリナに意地悪しつつ面倒をみていたいようです。

元々のゲーム内での性格「色気あふれる歪んだ性格のチャラ男」というものに近く見えました。

もしかしたら外には出していませんが、キースの本当の性格はかわらないままなのかもしれません。

ソフィアの欲望

ソフィアの欲望はカタリナと一緒に住みたいというものでした。

まさかの壁ドンも繰り出し、「私とお菓子ではどちらがお好きですか?」と究極の2択を迫りますが、メアリに本を閉じられてしまいました。

ニコルの欲望

ニコルの欲望はカタリナを閉じ込めていたいというものでした。

天然のようにニコルのことを思っていましたが、描かれたニコルとカタリナの物語の中では、ニコルにモテる自覚と恰好をつける行動力があったのだなと思い少し意外な一面が見れたなと思っています。

カタリナの欲望

他が恋愛関係でしたが、カタリナの欲望は食欲でした。

本の中でお菓子の家を見つけ食べても食べても食欲が満たされなかったため、本の許容量を越え、全員が本から脱出することができました。

アランとマリア

アランの欲望はメアリによってカットされましたが、Cパートにてリアルなイベントとして、2人の夕べの一時が描かれました。

メアリがこれまでアランにカタリナへの好意を自覚させないように妨害してきましたが、フラグがたってしまったような描写でした。

またマリアも8話の中ではメアリと共に傍観者でしたが、提供でちゃっかりカタリナにお菓子を渡していました。

カタリナ農場はお休み

今回のカタリナ農場は収穫準備のためにお休みでした。

コミックス第5巻が5月25日に発売ということで、しっかりとした宣伝になっていましたね。

ただし「せーのっ」までしか言えませんでしたが…

 

 

第8話の感想は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました